【ホイールカタログ 2022春】専用設計の名はダテじゃない! 一分の狂いもなくメルセデスと融合するユーロアクシス「オーパス」はまさにシンデレラフィットのホイールだった

太田 輝
AUTHOR

専用設計は伊達ではない。一分の狂いもなくメルセデスと融合して、運動性能を高めると同時に、完全調和したスタイリングも実現する。SUVからセダン、ワゴンまで多彩な魅せ方が可能な新製品だ。

フィッティングもマッチングも隙なし専用設計されたメルセデス用ホイール

V字スポークとリムがポリッシュ加工されたモデルは上品で華やかな表情を見せる。ブランド名ではなくオーパスの文字が刻まれるセンターキャップは純正品も装着可能。オーパスは現在開発中で一部仕様変更の可能性有り。

ホイール選びは難しい。重要保安部品である以上、信頼性が高いことは絶対条件だが、性能や車両との良好なマッチングもおざなりにできない重要なポイントだ。また、ホイールには機能パーツとは別に、ファッションアイテムという側面もある。その両面を満たすために、シャツを買うように気軽にショップに入って試着して納得いったモノを買うことができたなら、ホイール選びはグッとシンプルになるだろう。

では、あらかじめ機能とスタイリングの両方が、クルマとのマッチングを考慮して設計されていたとしたらどうだろうか。

ユーロアクシスはインポートカーに特化したホイールブランドだ。輸入車とのマッチングを最優先に考えた設計とスタイルを採り入れている。そして、新作の「オーパス」では、メルセデス・ベンツだけに焦点を絞ったメーカー専用設計を採用。メルセデスにジャストフィットするディメンションなのはもちろん、製造には軽量化と高剛性化を両立させるべくフローフォーミング製法を用いて基本性能が高められている。

迫力と上質感が混在する印象のブラックポリッシュに対し、マットブラック/レッドリムはスポーティな装いでAMGモデルにも最適。直線的なスポークとラウンドしたスポークの組み合わせが躍動感を生んでいる。

また、プレミアムモデルに相応しい風格と気品を重んじたスタイリングは、いたずらに奇抜さを狙うことなく端正に仕上げられている。だが、かといって没個性とも無縁で、逆に堂々とした存在感を放っている。それは、直線基調のV字型スポークの間に曲面で構成したスポークを配置し、力強さと華やかさを表現したデザインによるものだろう。

そしてもうひとつは、それぞれにまったく異なる印象を演出してみせる3色のカラーリングがもたらす効果に違いない。

そうした緻密に計算された設計、普遍的な美しさ、多彩な個性を生むカラー設定が集約されて、SUVモデルを含むほぼすべてのメルセデスにシンデレラフィットするホイールとなっているのだ。

◎サイズ/価格
18inch×7.0~8.0J/57,200~60,500円(税込)
19inch×8.0~8.5J/73,700~77,000円(税込)
20inch×9.0~10.0J/94,600~100,100円(税込)
◎カラー:マットブラック/リムポリッシュ、ブラックポリッシュ、マットブラック/レッドリム
◎対応車種:メルセデス・ベンツ
問い合わせ先=レアマイスター=http://www.lehrmeister.jp/main/var/index.html

ル・ボラン2022年6月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧