全長は何と5.6m! ジープ最強のピックアップオフローダー「グラディエーター・ルビコン」がすでに400台超受注で大人気!

2022/06/03 19:00

他メーカーのピックアップを凌駕する悪路走行性能を発揮

ステランティスジャパン、ジープのピックアップトラック 「Gladiator Rubicon (グラディエーター・ルビコン)」が2021年11月30日 (火)の受注開始以来400台を超えるオーダーを獲得していると発表した。

「グラディエーター」は、初代が 1963年に登場し、20年以上に渡り製造されたジープのピックアップトラックである。 その後 「ジープ・コマンチ」など複数のモデルを経て、 2018年にロサンゼルスオートショーで 26年ぶりにジープの名を冠するピックアップトラック、新型 「グラディエーター」が発表された。グラディエーターには、 ジープ伝統の7スロットグリルに代表される、ラングラーと共通のデザインキューが与えられていることが特徴。

一方、 ホイールベースはラングラー・アンリミテッドに対して480mm も延長され、 5名乗車が可能なダブルキャブ (4ドア) ボディに広大なベッド (荷室) を備えている。 全長は5600mmで2ドアのラングラー・ルビコン・ソフトトップが全長4320mのため1280mmも長い。エンジンはV型6気筒DOHC 3.6Lで、ドライブトレインは電子制御式8速AT、2輪(FR)と4輪駆動が選択できるオンデマンド方式4輪駆動が採用されている。

車体の骨格には、悪路走破性や牽引能力に優れる伝統のボディオン・フレーム構造を採用、 最新のマテリアルを投入し、 ボディ剛性や耐久性にも有利な設計となる。日本導入モデルは、ジープ最強のオフロード性能を誇る 「ルビコン」 仕様で、前後デフロック機構や悪路走行時にサスペンションストローク量を増加させる電子制御式フロントスウェイバー・ディスコネクトシステム、 極低速走行を可能にする専用ローギア付ロックトラックフルタイム 4×4 システム、 マッド&テレインタイヤなど走破性を向上させる数々の専用装備を備えている。

さらにグラディエーター・ルビコンには、 前方に設置されたカメラにより前方下部の映像を映し出すオフロードカメラや、 FOX 社製パフォーマンスショックアブソーバーが備わり、実践的な悪路性能が一層高められている。このことにより、アメリカ本国でライバルとなる、シボレー・コロラドZR2のトヨタ・タコマTRDプロ、フォード・レンジャー・トレモアといった、ミッドサイズピックアップたちを悪路走破性で凌駕し、人気を博しているという。

インテリアは、スマートフォンの接続も可能なオーディオナビゲーションシステム (Uconnect ®)をはじめ、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカー レザーシート、 前席シートヒーターなど快適装備が充実。  リアシートの背後やシート下に収納スペースが確保され、 日常の使い勝手も高められている。ボディカラーは全8色が設定され、いずれもブラックまたはブラック/ダークサドルの2色のインテリアカラーとの組み合わせが可能となる。

メーカー希望小売価格(消費税含む)は、8,400,000円 (パールコート塗装車は 8,455,000円)。

公式ページ https://www.jeep-japan.com/gladiator.html

photo&text:陰山惣一

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧