アメリカンプレミアムSUVもここまで来た! ジープ「グランドチェロキーL」編集部長期レポート ~其の1~

AUTHOR
2022/05/14 16:00

約2カ月間、グランドチェロキーLサミット・リザーブをお借りし、「我こそは!」と名乗りを挙げた編集部員たちが、ル・ボラン誌とカーズミートWEBにリレー形式でリポートをお届けする企画! 最新アメリカンSUVを乗り倒し、その魅力をあらわにします!

ペンタスターのV6はやっぱりイイ!

「グランドチェロキーをしばらくの期間、乗ってみませんか?」

ジープブランドを擁し、14もの自動車メーカーを束ねるステランティスより、そんな嬉しいお誘いをいただき、ル・ボラン編集部とカーズミートWEB編集部は2カ月間ほどグランドチェロキーLサミット・リザーブをお借りすることとなった。そして、この新しいグラチェロをそれぞれの編集部員たちで乗り倒し、忖度なし(!?)のレポートをお届けする。

トップバッターは佐藤が担当。三兄弟のいる5人家族だけに、グランドチェロキーLの大きさは有難い。マイホーム完成したし、この駐車場がこお大きさを飲みこめれば本気で購入検討!?

一般的にジープブランドは、ラングラー・アンリミテッドのひとり勝ちと思われているかもしれないが、プレミアム性の増した5代目グラチェロの鷹揚な乗り心地は、実のところすごく良い。ドイツ車に軸足を置きながら、国内外の最新モデルをリポートする我々としても、最近気になるSUVのひとつであった。

そんな中、前記のお誘いを受けたこともあり、「ジャーマンプレムアムSUVになくて、アメリカンプレミアムSUVにあるものは?」のお題のもと、しばらくの間お借りすることとなったワケだ。

そこで、トップバッターは今回の窓口となったワタクシ、ル・ボラン編集部佐藤から試乗リポートをお届けするのだが、こういうワタクシはかつてジープ・オーナーであり、AMC時代のCJ-7が記念すべきファーストカー。小学生の時に観た映画『クリフハンガー』にちょい出したCJ-7が脳裏に突き刺さったのがジープワールドの入口で、就職してすぐにこの“子供の頃の憧れ”を手に入れたという、実はジープ好きな一面もあるのです。

そんなワタクシがまずグッときたのは、やはりV6自然吸気ユニットのクライスラー謹製ペンタスターエンジン。数値的には決してパワフルではないのだが、ゆったりと、でも力強く吹け上がるフィールはまさにアメリカン! この感じはドイツ勢では味わえない。ちなみに、メーターが示す燃費性能7.5km/Lと、この体躯とエンジンを鑑みれば許容範囲だろうが、今どきの燃料費からすると、もう少しはガンバッテ欲しい数値なのは、ホンネ。しかし、レギュラーガソリンで良いのは有難い。

他には……と、いろいろ報告したいのですが、今回は借り出してすぐの試乗のみだったので、ここで留めておきます。今後は、他の編集部員や再度ワタクシもレポートさせて頂きます。乞うご期待を!

大きな体躯でも見切りの良さは、さすがジープ。シフトセレクターはセンターコンソールのダイヤル式となりUSB Type-A/USB Type-Cポートが2個ずつ備わる。オーディオにはマッキントッシュ製のサウンドシステムを搭載。

3列目シートは自動操作となり、エアコン口も備わる。大人も着座できるスペースだ。

ラゲッジスペース容量は通常時487L、3列目を倒すと1328L、2列目まで倒すと最大2395Lまで拡張可能。2列目と3列目はフルフラットに折りたたむことも可能となる。

Specification【ジープ・グランドチェロキーL】
■全長×全幅×全高=5200×1980×1795mm
■ホイールベース= 3090mm
■車両重量=2250kg
■エンジン種類/排気量=V6DOHC24V
■最高出力=286ps(220kW)/6400rpm
■最大トルク= 344Nm(35.1㎏-m)/4000rpm
■トランスミッション=マ8速AT
■サスペンション(F:R)= マルチリンク:マルチリンク
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=275/45R21:275/45R21
■車両本体価格(税込)=9,990,000 円(AWD)

グランドチェロキーL公式サイト

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧