ミニバン王者に相応しい圧倒的作り込みと便利機能の数々! 新型トヨタ・ノア&ヴォクシーは究極のファミリーカーだ!

小野泰治
AUTHOR
2022/03/28 12:00

ファミリーカーの理想ともいえる確かな作り込み

トヨタの主力ミニバン、ノア/ヴォクシーが4代目へとスイッチ。その中身はもちろん、先代比で格段に進化したが、驚くべきはファミリーカーの資質がもはや極限の域まで高められていることだ。

ノアとヴォクシーでは、特にフロント回りの造形でキャラクターを差別化。

新型では、3代続いた基本骨格を一新。自慢のハイブリッド機構やガソリン仕様のユニットも最新世代となり、走りは着実に進化している。特にハイブリッド仕様は、申し分のない動力性能と扱いやすさに一層の磨きがかかり、先代より引き締まった足回りは高い速度域での安定性で乗り手に進化のほどを実感させてくれる。

先代比では多少路面からの入力が直截的になった一方、速度が上がった際の安定感は向上。ハイブリッド版なら動力性能も申し分ない。

だが、この4代目で恐るべきなのは想定するユーザーが便利だと感じる機能が徹底的に突き詰められていることだ。元々良好だった前席の視界は、”パノラミック”と表現したくなるレベルに改善。7人乗り仕様の2列目シートにはクラス初のオットマンが用意され、同時に超ロングスライド機構も組み合わせる。

質感が向上した内装は、収納スペースに代表される実用度も高い。

その乗降に使われるスライドドアで電動開閉仕様を選べば、地上高200mmとなる機械式のサイドステップが安価な値段で装備可能(助手席側)。さらに、バックドアは電動、機械式を問わず開口位置を任意で設定することができる、という具合だ。

3列目シートは格納が容易になり、荷室回りの使い勝手も向上している。

運転支援系の装備にも隙はない。今どきの衝突回避、被害軽減機能が網羅されるのはもちろん、歩行者や2輪車を対象とした緊急時の操舵支援や渋滞による低速走行時のハンズオフ、さらには駐車時に後方から接近する車両(自転車も含む)などと降車する乗員の衝突を予防するアシスト機能も用意する。

また、最新のトヨタ車らしく自動パーキング機能も充実。新型ノア、ヴォクシーでは、スマホ用アプリを駆使して車外から駐車、出庫をリモート操作することすらできる。つまり、その充実ぶりはもはやプレミアム級モデルと同等の水準にあるわけだ。

と、このようにファミリーカーとしては理想的な内容を誇る新型。もしもアナタに大切な家族がいて、なおかつ病的なクルマ趣味を抑制できるなら最有力な選択のひとつとなることは間違いない。

【Specification】トヨタ・ノアS-G(7人乗りハイブリッド2WD)
■車両本体価格(税込)=3,390,000円
■全長×全幅×全高=4695×1730×1895mm
■ホイールベース=2850mm
■トレッド=前1500、後1515mm
■車両重量=1630kg
■エンジン型式/種類=2ZE-FXE/直4DOHC16V+電気モーター
■総排気量=1797cc
■エンジン最高出力=98[95]ps/5200rpm
■エンジン最大トルク=142[185]Nm(14.5[18.9]kg-m)/3600rpm
■燃料タンク容量=52L(レギュラー)
■トランスミッション形式=電気式無段変速
■サスペンション形式=前ストラット/コイル、後トーションビーム/コイル
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=205/60R16(6J)
※[ ]内は電気モーター

トヨタ公式サイト

フォト:郡 大二郎/D.Kori ルボラン2022年5月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧