究極のグラベルホイール「OZラリーレーシング」にメイド・イン・ジャパンの16インチが追加設定!

待望の国産16インチ

1988年に世界ラリー選手権(WRC)でデビューして以来、究極のグラベルホイールとして世界中で根強いファンを獲得し、彼らの熱いリクエストに応えて2017年にリメイクされた「OZ Rally Racing(オーゼット・ラリーレーシング)」に16インチ・サイズが追加設定された。

跳ね石や土砂からブレーキを保護する独特なデザインはそのままに、今回発表された追加サイズは、5J×16(4H/PCD100)から7J×16(5H/PCD114.3)と多種多彩で、軽自動車から国産/輸入コンパクトSUVなどに適合するインセットとハブの組み合わせを18種類も用意。従来製品と同様にフローフォーミング製法のアルミ鋳造1ピースで、ダークグラファイトを中心に人気のレースホワイトとグロスブラックの3カラーから選べる(サイズにより設定が異なる)。

これはイタリア本社公認の日本限定サイズとのことで、製造を手掛けたのは国内ホイールメーカーの「ENKEI(エンケイ)」。2022年5月中旬から販売スタートとのことだが、メイド・イン・ジャパンならではの高いクオリティが期待できる。


OZ Rally Racing製品情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧