世界限定333台! アストンマーティンの新型「V12ヴァンテージ」は、史上最強の出力とトルクで登場!

一層の磨きをかけたドライビング・ダイナミクスで究極のパフォーマンスと比類なき運転の歓びを提供

アストンマーティンは3月16日、新型「V12 ヴァンテージ」を公開した。

この15年間、パフォーマンスに対するアストンマーティンの情熱を大胆に体現してきた”ヴァンテージ”モデルは驚くほど速く、獰猛さを秘めてきた。モデルラインナップ中でもっともコンパクトで、ドライバーに主眼を置いたモデルに、量産史上最大かつ最強のパワーを秘めたエンジンが組み合わされてきた。しかし、このユニークな血統に終止符が打たれることになるのだという。アストンマーティンは、大いなる誇りを持って、もっとも速く、もっとも獰猛で、もっともダイナミックに仕立て上げられたモデル、それが新型V12 ヴァンテージだ。世界限定333台で、デリバリーは2022年第2四半期に開始予定している。

極限のパフォーマンスとドライバー主導型のスリルを表現するV12 ヴァンテージは、驚異的なストレートスピードと魅惑のハンドリング、印象的なルックス、さらに誰もが羨むエクスクルーシブ性を融合させている。つまり、これ以上は望めないレベルの魅力を秘めているということだ。V12 ヴァンテージは、昨年12月にその存在がリリースされると、アストンマーティンにはいまだかつてないほどの問い合わせが殺到したという。さらに、未来のアイコン・モデルへのニーズは非常に高く、発表以前に完売したにもかかわらず、キャンセル待ちの長いリストが作成されたほどだという。

アストンマーティンにとって、エンジンは心臓だ。しかし、史上最強のヴァンテージである新型V12 ヴァンテージ以上にこの言葉が適切なモデルはないだろう。700PS/6,500rpmの最高出力と753Nm/1,800~6,000rpmの最大トルクを発揮する5.2L V12エンジンは、低中速域の豊かなトルクと高回転域のスリリングなパワーを完璧に組み合わせている。

200mph(約320km/h)の最高速度を誇るV12 ヴァンテージは、0~60mph(0~96km/h)を3.4秒で加速する。この圧倒的なパワーユニットと車両全体に使用された軽量素材の効果により、V12 ヴァンテージのパワーウェイト・レシオは、390PS/トンに達する。これは、V8仕様のヴァンテージと比較すると20%以上も高い数値だ。

さらに空力パッケージは、最高速度で走行中に204kgのダウンフォースを生成しているほか、ドラマチックなワイドボディ・デザイン、トレッドを40mm拡大している。

アストンマーティン・グローバル・チーフ・ブランド&コマーシャル・オフィサーのマルコ・マッティアッチは、以下のようにコメントしている。
「アストンマーティンは自動車を製造し、夢を販売しています。これこそがアストンマーティン・マジックです。V12 ヴァンテージを所有するのは、世界でも限られたお客様だけですが、これまでのアイコン・モデルと同様、エクスクルーシブな性質を遥かに超えるインパクトや価値を持っています。たとえば、Q by Aston Martinによるビスポーク・パーソナライゼーションがその典型例であり、稀少性の高いV12 ヴァンテージをオーナーのためだけの1台に仕上げることが可能です」

V12 ヴァンテージの生産(予想を大きく上回る需要により、すでに受注は終了)は、2022年第1四半期に開始され、初回納車は2022年第2四半期に始まる予定だ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧