【スクープ】高性能JCWもあるぞ! MINIエレクトリックモデル第2世代は内外デザインを大刷新!

2022/03/15 10:00

最高出力は初の200ps超えも!

BMW MINIは現在、「MINI」ファミリー次期型を開発しているが、フルエレクトリック「クーパーSE」市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

第3世代となる現行型MINIは2013年に発売し、2019年にはフルエレクトリックモデル「クーパーSE」が登場、2021年にはベースモデル、EVともども大幅改良が行われている。

フィンランドの氷上で捉えたプロトタイプは、フルカモフラージュながら、現行型と比較して幾つかの変更点がみられる。フロントエンドでは、微調整されているヘッドライトを装備、ライト周辺がグレーの円で囲まれているが、これは現行型より大型化される可能性もあるが、おそらく単なる偽装で、內部には円形のLEDデイタイムランニングライトが組み込まれる。

後部では、四角い楕円形のテールらいとが、横向きのピラミッドのようなアウトラインに置き換えられているほか、テールゲートのシャープな開口部も確認できる。

コックピットの画像は、先日捉えた「クロスオーバー」(海外名:カントリーマン)次期型のものだ。ダッシュボード中央には、現行型とは異なる突き出た巨大なフローティング・ラウンドスクリーンが配置されている。円形のタッチスクリーンは、小さなデジタル・インストルメントクラスターと、ヘッドアップディスプレイを操作する。おそらく基本的コンポーネントはSEと共有することになるだろう。

現行型SEのEVスペックは、フロントに電気モーターを搭載、最高出力は187psを発揮、0-60km/h加速3.9秒、0-100km/h加速7.3秒のパフォーマンスを持つが、次期型ではこれらの数値が向上、最高出力は初の200ps超えも予想される。また MINIブランドでは、高性能JCW(ジョンクーパーワークス)初のEVを開発していることを発表しており、このクーパーSEに設定、さらなるパフォーマンスEVが期待できそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧