まるで回転寿司のようなラーメン屋さん!? 日産がスープをこぼさずラーメンを運ぶ 「e-4ORCEラーメンカウンター」ビデオを公開。

2022/03/07 16:30

車体の揺れを抑える「e-4ORCE」技術から着想を得たラーメントレイを開発!? 

日産自動車株式会社は2022年3月7日(月)、クロスオーバーSUV型EVの新型「アリア」に搭載される、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」の技術から着想を得て、スープをこぼすことなく素早くラーメンを運ぶトレイを開発したと発表した。そして、新開発のトレイが実際にラーメン屋のカウンターでお客さまへラーメンを運ぶシーンを描いた「e-4ORCE ラーメンカウンター」ビデオを制作し、日産のウェブサイトにて公開した。

「e-4ORCE」は、前後に搭載された合計2基の電気モーターそれぞれのトルクを個別にコントロールすることで、優れた加速性能を実現するとともに、減速時においても前後のモーターそれぞれで回生ブレーキを制御し、クルマの沈み込みや車体の揺れを低減させる4輪制御技術だ。

今回発表した「e-4ORCE ラーメンカウンター」は、素早く加速して減速時の揺れを抑える、e-4ORCEの特徴をわかりやすく伝える目的で制作したという。

動画では、店主がツインモーターで走る電動のトレイにラーメンを乗せ、そのトレイが素早くそしてスープをこぼすことなく、お客さまの席へとラーメンを運ぶ様子を描く。出来立てのラーメンをお客さまへいち早くお届けするラーメントレイを通じて、「e-4ORCE」の加速性能や揺れが少ない乗り心地の良さを表現している。

「日産アリア」のe-4ORCEモデルは、前後に合計2基の電気モーターを搭載している。それぞれのトルクを個別にコントロールすることで、加速時にはトラクション性能を向上させ、減速時においては前後のモーターそれぞれで回生量を調整し、ブレーキ時のクルマの沈み込みを減少させて車体の揺れを抑える制御を行う。

またコーナリング時は、前後のモータートルクと4輪のブレーキを協調制御することで、ドライバーのステアリング操作に忠実で、滑らかで心地よいハンドリングを楽しむことができる。これらの制御によって、ドライバーの技量によらず、雨天時の濡れた路面や雪道など、さまざまな道路環境下において、ドライバーは安心して運転することが可能となり、同乗者に快適な乗り心地を提供する。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧