1日12時間使用×3年間、年間10万mを走行! ボルボが新しいワイヤレス充電技術をタクシー車両で実地テスト

2022/03/04 20:00

道路に埋め込まれた充電パッドから自動的に充電

ボルボ・カーズは、選ばれたパートナーとともに、新しいワイヤレス充電技術を現実の都市環境に組み込んでテストし、将来の電気自動車への応用可能性の評価を行う。電気自動車であるボルボXC40 Rechargeの法人向け車両が、北欧地域最大のタクシー事業者であるCabonline(カボンライン)のタクシーとして3年間にわたって使用され、スウェーデンのイェーテボリにある複数の場所でワイヤレス充電される予定だ。

このワイヤレス充電テストは、戦略的イニシアティブである「イェーテボリ・グリーン・シティ・ゾーン」で計画されている数多くのプロジェクトのひとつ。このゾーンにおいて、市内の指定地域が持続可能な技術開発のための実地試験場として活用されるという。

ボルボ・カーズの研究開発部門の責任者であるマッツ・モーバーグは、次のように述べている。「イェーテボリ・グリーン・シティ・ゾーンでは、新技術を現実の環境で試し、将来的に広く導入できるように時間をかけて評価することができます。選ばれたパートナーと一緒にテストを行うことは、私たちの代替充電システムを評価するための良い方法と言えるでしょう」

テストで使用される充電ステーションは、ワイヤレス電気充電システムの主要プロバイダーであるMomentum Dynamics(モメンタムダイナミクス)によって提供される。対応する車両が道路に埋め込まれた充電パッドの上に駐車すると自動的に充電が開始され、ドライバーは車から降りることなく便利に充電を行うことができる。

充電ステーションは、充電パッドを通じてエネルギーを送り、それを車内の受信ユニットが拾う。ボルボ・カーズは、車両と充電パッドの位置合わせを容易にするため、360度カメラシステムを使用するという。電気自動車のXC40 Rechargeでは、ワイヤレス充電の電力は40kW以上となり、有線の11kW ACの充電器の約4倍、有線の50kW DC急速充電器とほぼ同等の充電速度が得られるとのこと。実験に使用されるボルボ車は1日12時間以上使用、年間10万km走行する予定。これは、ボルボの電気自動車の商業利用シナリオにおける、初の耐久性試験でもあるという。

ワイヤレス充電プロジェクトに参加するその他のパートナーは、スウェーデンのボルボ車販売会社であるボルボ・ビルおよびボルボ・カー・ソレッド、スウェーデンのエネルギー会社であるVattenfall(ヴァッテンフォール)とその充電ネットワークであるInCharge(インチャージ)、イェーテボリ市のエネルギー会社であるイェーテボリ・エネルギー、イェーテボリ市所有の市経済開発機関であるビジネスリージョン・イェ―テボリなど。

ボルボ・カーズは昨年、2030年までに排出ガスのない交通手段の実現を目指す「イェーテボリ・グリーンシティゾーン」構想の立ち上げに参加。実際の都市を実験場とすることで、電動化、シェアードモビリティ、自動運転、コネクティビティ、安全性などの分野における技術やサービスの開発を加速させることができそうだとのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧