ミシュランのプレミアムコンフォートタイヤ、プライマシー4+が発売へ!

2022/02/16 15:00

ウェットブレーキング性能が長期間持続

日本ミシュランタイヤは、プレミアムコンフォートタイヤの新製品、「MICHELIN PRIMACY 4+(ミシュラン プライマシー フォー プラス)」を5月19日より順次発売する。サイズは16インチから19インチまでの全23サイズ、価格はオープン。この製品は、静粛性に優れ、上質で快適な乗り心地を提供するMICHELIN PRIMACY 4を進化させ、安全性と走行安定性を向上させたものだという。
プレミアムコンフォートタイヤに求められる静粛性や乗り心地など、上質で洗練された運転環境はそのままに、履き替え時でも発揮する優れたウェットブレーキング性能が、履き始めから長期間にわたり安全性を確保するとのこと。また、高速走行時の安定性に優れたハンドリング性能はドライバーの欲求に応え、満足感の向上に寄与するという。同時に「低燃費タイヤ」設計は、履き替え時まで長く続く安全性能と相まって、長期間の使用においても環境負荷の低減に貢献するとしている。

採用技術の紹介
●エバーグリップ テクノロジー
トレッド下部に、よりウェット性能の高いコンパウンドを使用することで、タイヤ摩耗末期でもウェットグリップ性能を維持。

●U字グルーブ
U字型の主溝は摩耗末期においても排水性能を確保し、摩耗による急激な排水性能の低下を抑制。

 

ウェットブレーキング性能

【試験条件】
 ○タイヤサイズ:225/45R17 94W XL ○試験空気圧:230 kPa ○試験荷重:1名+計測機器 ○試験リム幅:7.5J ○試験車両名:Volkswagen GOLF (DBA-AUCJZ) 前輪駆動 ABS作動有 ○試験場:GKNドライブラインジャパン (株)プルービンググラウンド ○試験方法:80 km/hから完全停止までの制動距離を測定 (JATMAの試験方法) ○制動距離:MICHELIN PRIMACY 4+/40.83m, MICHELIN PRIMACY 4/42.39m ※残溝2mmタイヤの準備方法:「10,000kmを走行したタイヤのプロファイルをASTM F1046-01 Profile準拠通り90%バフがけをした結果、平均値はおおよそ残溝2mm。

※テスト結果はタイヤ公正取引協議会に届け出ています。試験結果はあくまでもテスト値であり普遍的なものではありません。
●スタビリ・グリップ・サイプ
サイプ内の突起により、ブロック同士が互いに支え合い、倒れこみを抑制。
ブロック剛性を高めることで、高速走行時の安定性とハンドリング性能の向上に寄与。

 

 

●サイレント・リブ テクノロジー
接地面における接地部分と溝部分の比率が常に一定になるように設計。
タイヤパターンから発する音圧を一定にし、優れた静粛性を発揮。

低燃費タイヤを示すグレーディングシステムの「AA」と「A」を取得[※2]

販売月は変更する場合あり。
※1 詳しくは店頭もしくは同社公式ホームページでご確認を。
※2 23サイズ中18サイズの取得内容、5サイズは申請中(2022年2月1日現在)

公式サイト:https://www.michelin.co.jp/auto/tyres/michelin-primacy-4-plus

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧