日産、新型コンパクトEVの欧州市場投入を発表!マイクラの後継モデル

2022/01/28 14:00

デザインは日産、開発・生産はルノーが担当

日産は1月27日、欧州市場への新型コンパクトEV投入を発表した。このモデルは日産マイクラの後継車で、フランスにあるルノーのエレクトリシティセンターで生産されるという。

日産の推進する電動化において、欧州は重要な役割を果たしており、同市場では「アリア」や新型クロスオーバーEVの発売が予定され、日産独自のe-POWERも新型「キャシュカイ」や「X-TRAIL」に搭載される予定だが、この新型コンパクトEVによって、将来の電動車両ラインナップがさらに強化される見込みだ。同日発表されたルノー・日産・三菱自動車のアライアンスの2030年に向けたロードマップでも説明された通り、アライアンスCMF B-EVプラットフォームを採用する同モデルは、日産がデザイン、開発と生産をルノーが担当。今回、デザインの一部が披露されているが、各社は本共通プラットフォームを採用しながら、モデルごとに独自のスタイリングを実現することが可能だ。
日産のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は「日産がデザインし、ルノーが開発と生産を行うことで、アライアンスの資産を最大限に活用しながら、日産らしさにあふれる商品を実現します。これは、アライアンスの『Smart Differentiation(スマート差別化)』の好例です」と語った。

この新型コンパクトEVは、e-NV200の後継モデルである新型「タウンスター」を含む、フランスのルノーが生産する日産車のラインナップのひとつとなる。車名、発売時期、搭載技術の詳細などについての発表は今後追ってなされる予定だ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧