ロータス最後の内燃機関モデル「エミーラ」ファーストエディションが日本初公開!

2022/01/19 15:00

ロータス史上最高のスポーツモデルがついにお披露目!

2022年1月14(金)~16日(日)に幕張メッセにて開催された東京オートサロンにて、ロータス最後の内燃機関モデルとなる「エミーラ」のファーストエディションモデルが国内初公開となった。そのアンベールの瞬間と実車のディティールカットをお届けする。

ついにそのベールを脱いだエミーラ。

エリーゼ、エキシージ、エヴォーラといった数々のライトウェイトミッドシップスポーツカーを世に送り出してきたロータス。その集大成ともいえるモデルとして今春以降に登場予定なのが、このエミーラだ。

ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を完全に体現する、新しいミッドシップエンジンのプレミアムスポーツカーとして登場したエミーラは、⾃動⾞業界がロータスに期待するすべての特徴を備えているという。その中でも特に最初の⾞は特別でスペシャルなものにしたいとロータスは考えており、革新的なテクノロジー、インフォテインメントシステム、快適機能が満載のファーストエディションとしてユーザーに届けられるという。

エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの能⼒や特徴、技術の素晴らしさに基づいて構築されたエミーラは、印象的なデザイン、最高の乗り⼼地とハンドリングを実現するスリリングなダイナミックパフォーマンス、卓越した空⼒特性を持ち合わせている。

パワーユニットは、エキシージとエヴォーラに供給されていた3.5LスーパーチャージャーV6エンジン。オープンマニュアルギアチェンジメカニズム+メッシュグリルのスポーツレシオ6速マニュアルトランスミッションと油圧式パワーアシストステアリングの組み合わせにより、最高出⼒405ps を発⽣する。

V6ファーストエディションでは、ロータスデザインパックの一部である20インチ超軽量Vスポーク鍛造ダイヤモンドカットアロイホイールが標準装備。ダイヤモンドカットはプレミアムな2トーン仕様となり、シルバーとグロスブラックも選択可能で、2ピースハイパフォーマンスブレーキディスクと、ロータスネーム⼊りブレーキキャリパーは標準のブラックの他に、レッド、イエロー、シルバーからも選択が可能だ。TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)も標準で装備する。

エクステリアディテールにはLEDヘッドライトとリアLEDランプ等のLEDライト類、チタニウムエキゾーストテールパイプフィニッシャー、電動調整・可倒式ヒーテッドドアミラー、リアパーキングセンサーが含まれる。また、ローワーブラックパックが標準装備となり、エアブレード、フロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザーがグロスブラック仕上げとなっている。

タイヤにはグッドイヤーと共同開発された専用の「イーグルF1スーパースポーツLTS」を装着。サイズはフロント245/35R20、リア295/30R20となる。サイドウォールにはロータス専用品であることの証明である「LTS」の文字が刻まれている。

価格は13,530,000円(税込)となっている。

公式サイト:http://www.lotus-cars.jp/our-cars/current-range/emira/index.html

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧