【国内試乗】「フォルクスワーゲンTロック・ブラックスタイル」ライフスタイルを彩るクールな相棒。

AUTHOR
2021/12/25 12:00

クーペ風のボディスタイル、フォルクスワーゲンのSUVで唯一の2トーンカラーが選択できる幅広いカラーバリエーションなどで人気のT-Rocに、ブラックを基調とした内外装を纏った特別仕様車が設定された。さらに、先進セーフティシステムを標準装備するなど、デザイン性だけでなく安全性も向上させた1台に仕上がっている。

ルックスで選んでも後悔することはない

2021年上半期輸入SUVのナンバー1はT-Cross、ナンバー2はT-Roc。フォルクスワーゲンのSUVがワンツーを飾った。人々の生活に根ざしたピープルズカーであるフォルクスワーゲンは、乗用車の中心がハッチバックやセダンからSUVに移りつつある現在でも、変わらぬ支持を受けている。世界中のすべての人にとって使いやすいクルマを造るという信念を、いつの時代も持ち続けているからだ。

駐車時の安全な操作をアシストするパークディスタンスコントロールとオプティカルパーキングシステムを標準装備。扱いやすいボディサイズと相まって、街中の路地や狭い場所でも快適な操作を可能にする。

フォルクスワーゲンのデザインにはシンプル&クリーンで質実剛健といったイメージもあるが、新世代のT-CrossとT-Rocは適度に遊び心がある。とくにT-Rocはルーフラインが緩やかなカーブを描き、寝かされたテールゲートと相まってクーペのようにスタイリッシュだ。

TSI/TDI Style Design Packageをベースに、印象的な専用デザインのCピラーをはじめ、ルーフレールやドアミラーのほか、足元を引き締めるブラックの18インチアルミホイールなど、随所にブラックで統一されたクールな専用エクステリアを纏う。

新たに登場したT-Roc Black Styleは、デザイン性を際立たせるグレードのStyle Design Packageをベースにブラック基調の専用アイテムを採用。フロントグリル下部、ウインドーフレーム、サイドストリップ、リアストリップ、ルーフレールがブラックとされ、太いCピラーには個性的なデザインがなされた。

10スポークの18インチ・アルミホイールもまたブラックで足元を引き締めている。ボディカラーは6色が用意されているが試乗したのはディープブラックパールエフェクトで、まさに黒ずくめ。ブラックは見る者に強い印象を与える色だと言われるが、まさにその通りでスタイリッシュなT-Rocに得も言えぬ迫力が加わり、存在感を高めている。

上質で洗練されたコクピットにはピアノブラックのダッシュパッドを採用。また、快適なドライブを支える最新世代のインフォテイメントシステム“Discover Media”を標準装備する。

インテリアではピアノブラックのダッシュパッドが目をひく。周辺のダッシュボードやタッチスクリーンなどもブラック基調だが、輝度の高いピアノブラックとのコントラストが絶妙。ともすれば、野暮ったくなりかねないブラック同士のコーディネイトだが、センス良くまとめられている。目を上に向ければ天井のルーフライナーまでブラックで統一されていて嬉しくなる。

ブラックのファブリックシートは運転席/助手席に高さ調整機能やランバーサポート機能を装備。運転しやすいボディサイズでありながら広々とした室内スペースを確保する。

クールな装いのT-Roc Black Styleだから、早朝の都心部へドライブに出かけることにした。交通量の少ない幹線道路は思いのほか流れが早く、それでいて信号には引っかかるのでけっこうな加速と減速を繰り返すことになる。
試乗車はガソリンの1.5L TSI Evoエンジンを搭載したモデルだったが、頻繁な加減速に対してフレキシブルな応答性が光っていた。最大トルクの250Nmは1500rpmという低回転から発生するから走り出しから十二分な力があり、小排気量ガソリンらしい軽やかな吹け上がりで速度を心地良く伸ばしていく。7速DSGはあいかわらずの歯切れの良さでドライバーの要求にレスポンス良く応えてくれる。

街乗りからスポーティな走りまでに対応する1.5LTSIガソリンエンジンと、パワフルで経済性に優れた2L TDIクリーンディーゼルエンジンの2種類をラインナップ。

もう少し高い速度域で味わいたくなって首都高速に乗った。目地段差での凹凸のキツさは世界有数で大小様々なカーブがあるステージを、早朝ゆえのいいペースで駆け抜けていくとシャシー性能の善し悪しが如実に表れる。18インチ・タイヤを履くT-Roc Black Styleは、いかにもドイツ車らしい頼もしい感覚を伴いながら、路面の荒れを見事にいなし、素晴らしいフラットライド感を見せてくれた。都市部の移動

ボディカラーは全6色をラインナップ。ボディ同色のディープブラックパールエフェクト以外は、ルーフがブラック仕様となるため2トーンコーディネイトが際立つ。

でもドライビングを楽しめるのは、アウトバーン育ちの確かな走行性能と扱いやすさを大切にするフォルクスワーゲンならではの優れたドライバビリティがあるからだ。
ルックスに惹かれただけでT-Roc Black Styleを選択したとしても後悔することはないだろう。頼もしくフレンドリーな走りを体感すれば、相棒としてますます愛着が沸くからだ。

【specification】フォルクスワーゲン Tロック ブラックスタイル
■車両本体価格(税込)=3,967,000円
■全長×全幅×全高=4240×1825×1590mm
■ホイールベース=2590mm
■車両重量=-kg
■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1497㏄
■内径×行程=82.5×92.8mm
■最高出力=150ps(110kW)/5000-6000rpm
■最大トルク=250Nm(25.5kg-m)/1500-3500rpm
■トランスミッション形式=7速DCT
■サスペンション形式=前ストラット/コイル、後トレーリングアーム/コイル
■ブレーキ=前Vディスク、後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前215/50R18、後215/50R18

公式ページ https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/t-roc.html

フォト:郡 大二郎/D.Kori 撮影協力:豊田市美術館 ルボラン2022年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!