ランドローバーの悪路走破性の高さを実感できるイベント「ディフェンダーデイ」が開催!

相澤隆之
AUTHOR

ディフェンダーで遊べる様々なプログラムを用意

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、10月16日(土)~17日(日)、長野県の白馬村にて「LAND ROVER DEFENDER DAY 2021」を開催した。

こちらはランドローバーオーナーもしくはランドローバーのファンが参加できる体験型イベントで、冬期はスキー場となるエイブル白馬五竜いいもりゲレンデとその周辺が会場。現在大人気で納車待ちも発生しているディフェンダーに試乗や同情試乗ができるなどプログラムも充実しており、2日間で延べ800人以上が来場した。

会場内には愛車もしくはディフェンダーで愉しめる「ツインテラポッド」「ミニテラポッド・バンク」「オフロードタクシー」「ゲレンデドライブ」4つのプログラムが用意。

そのうち、「ツインテラポッド」では、インストラクターの運転でディフェンダー110の助手席に同乗し、最大傾斜43°の傾斜を体験できるものだ。スロープを登る際には前方はほぼ空しか見えない状態、そこから下っていくところは垂直と思えるほどの角度となるため、身体が前に落とされそうな感覚になるほどのスリルを味わえた。

また、同じくディフェンダー110で行われた「ミニテラポッド・バンク」は広場に設置された人工的な障害物による傾斜路とモーグル路を、最初はインストラクターの運転で同乗し、次に自身の運転で走行するプログラムだ。傾斜路の確度は20°程度とのことだったが、こちらも体感的には車両が横転してしまうのでは? と思えるほどの体験。一方大きな凹凸を超えるモーグル路では障害物を乗り越える際に、1輪が浮いてしまう状況になるものの、ディフェンダーなら難なく通過していくポテンシャルに驚いた。

今回のイベントではスキー場ならではといえる「ゲレンデドライブ」もあったが、これは自分の愛車もしくはレンタルのディフェンダー90に乗り、インストラクターの先導付きで、いいもりゲレンデの上部までトレーンにてドライブできるプログラムだ。ルート上にはぬかるんだわだち路や丸太が設置されている凹凸など、ゲレンデ内ゆえにやや軽めの悪路であったが、普段オンロードしか乗らないオーナーにとっては、貴重な経験になったことであろう。途中記念写真を撮影するスポットもあるなど、皆さん楽しんでいる様子であった。

そして、参加者が最もスリリングな体験をできたと思われるのが「オフロードタクシー」だ。こちらはゲレンデから少し離れた特設コースにて、インストラクターのドライブで助手席もしくは後席に同乗し、フラットなダートコースをハイスピードで周回するというもの。もちろんダートコースならではのドリフト走行も体験できることから、家族で同乗していた参加者は、子供はもちろん大人も乗り終えた後は大興奮であった。

他にも会場内には、ディフェンダーに似合うキャンプスタイルを提案するブースや、地元白馬村のブースが並び、レストハウス内にはランドローバーのオリジナルグッズを販売するコーナーがあったりと、半日はたっぷり遊べるプログラムが用意されていた「LAND ROVER DEFENDER DAY 2021」。参加者はランドローバーおよびディフェンダーの魅力を満喫したことであろう。

公式ページ https://www.landrover.co.jp/events/defender-day/index.html

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!