【BMWカスタマズ最前線】手軽なアドオンでBMW4シリーズをカスタマイズ【コードテックCAM】

太田 輝
AUTHOR
2021/09/30 09:00

幅広いニーズにバッチリ

愛車との関わりが密接になればなるほど、機能面や見た目にささいな不満や、多少の欲もでてくる。だが、いざクルマをイジろうとすると、パーツが高価だったり、取り付けや施工の費用も嵩んで二の足を踏むなんてことも往々にしてあるだろう。そういうときこそ「したい!」「欲しい!」を強力にサポートするコードテックCAMがリリースするアイテムの出番だ。

【PLUG CONCEPT! シリーズ】http://plugconcept.jp/

ナビやダッシュボードの取り外しなどは一切必要とせず、カンタンかつ安全にインストール可能。本体をOBD2ポートに差し込みLEDがイエローに点灯したら完了。再度差し込めばアンインストールできリカバリー機能により完全に元通りに戻すこともできる。

まずは、誰にでもカンタンに安全に機能を追加できる「PLUG CONCEPT!」シリーズをご紹介しよう。運転者以外の同乗者が走行中でもナビの操作や、TV/USBの動画などを視聴可能にする「PLUG TV+」。ライブコックピットのメーターパネルをアルピナやMメーターデザインに変更できる「PLUG DSP!」。標準装備のデイライトをディスプレイ上からON/OFFすることができるように操作コマンドを追加する「PLUG DRC+」。アイドリングストップのキャンセルスイッチが最後にどの状態だったかをメモリー、次にエンジンを始動した際もキープする「PLUG ISC!」と豊富なラインナップを誇る。

【PLUG TV+】

ドライバー以外の同乗者が走行中にナビ操作をしたり、TV/USB動画/スクリーンミラーリングなどを視聴することが可能に。エンタメだけでなく走行中でも同乗者に目的地設定してもらえるなど利便性も向上。33,000円。

【PLUG DRC+】

デイライトをディスプレイ上の操作で任意にON/OFFできるほか、ドアロック連動式格納ミラーの場合はキースイッチやドアロックボタンを長押しせずにワンタッチでドアミラーを格納させることが可能となる。24,200円。

【PLUG ISC!】

アイドリングストップのキャンセルスイッチがONかOFFかをメモリーして再始動した際にはその状態をキープする。11,000円。またクリスタルのエンジンスタートストップボタン(3,300円/ほかにカラードのブルーとレッド:各4,400円もあり)も装着されている。

【PLUG DSP!】

ライブコックピットのメーターデザインをアルピナやMメーターデザインに変更できる。ドライブ・モードを切りかえると表示も一部変更され、速度計も330㎞/hスケールとスポーツ色が飛躍的に高まる。16,500円。

いずれのシステムも車両診断(OBD2)ポートに本体を差し込み、LEDランプの色が変わるのを待つだけで機能をインストールすることが可能。同様の手順で元に戻すことができ、リカバリーモードも搭載しているので、完全にインストール前の状態に戻すことができる安全設計が特徴だ。

【core OBJ シリーズ】 http://codetech-core.jp/obj/

Mスポーツ用フロントスプリッターは81,800円〜。カナードは左右2ピースがセットで7,150円(写真は2セットを装着した状態)。

Mデザイン・ドアミラーカバーは22,000円。

撥水効果を生むシリコンワイパーブレードは9,680円〜(2本)。

続いては、オリジナルブランドのcore OBJシリーズ。Mスポーツをよりスポーティに見せる「フロントスプリッター」をはじめ、エアロダイナミクス効果を実感できる「エアロフリックカナード」や「Mデザイン・ドアミラーカバー」など、さりげなくも明確なアイデンティティを主張する外装用の機能パーツがズラリと揃う。

傷や汚れから画面を保護、反射を抑えクリアな表示を確保するLCDスクリーン・プロテクター。2,200円。

首とシートの隙間を埋めて身体を優しく支える新登場のヘッドレスト・クッション。3,300円。

新たに発売されたニーパッド。レザーとアルカンタラ2タイプで予価はそれぞれ5,500円と7,700円。

インテリアには、傷や指紋汚れが気になるナビディスプレイの保護と防汚、反射防止効果も備えた「LCDスクリーン・プロテクター」や、7シリーズの後席を彷彿とさせる仕上げの「ヘッドレスト・クッション」、スポーティな見栄えの「ニーパッド」など、便利でドレスアップにも最適な品々が用意されている。

BMW専用となるフューエルキャップカバー。ガソリン/ディーゼル車用が用意される。各3,300円。

【ブレンボ・アップグレード・プログラム】 https://www.brembo.com/jp/

G22のデモカーに装着されていた最新のブレンボGTBM6キット。ホワイトのBM6キャリパーと380mm×34mmのType3ディスク。マシンポテンシャルを最大限まで引き出す。654,500円。

ブレンボ・アップグレードの中核を担うGTラインのM6キャリパーと380mmドリルドディスク。キャリパー/ディスクなどを組み合わせて最適なセットが構築できる。621,500円。

大勢の嗜好に合わせて製品化されたクルマを、自分色に染めて使いこなす歓び。それを手軽で安全、さらにリーズナブルに得られるのだから、イチオシする理由として説得力は十分にあるだろう。

コードテックCAM  http://codetech.jp/cam/

フォト:小林俊樹 T.Kobayashi

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧