【スクープ】BMW M3初のツーリング、市販型をミュンヘンで目撃! 「コンペティション」は510馬力と予想!

2021/07/30 09:00

FRと4WDの両方のバリエーションを用意か?

BMWの主力ワゴンモデル、「3シリーズツーリング」に設定されるハードコア「M3ツーリング」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

M3ツーリングを目撃したのは、スウェーデン北部の雪中で捉えた3月以来。ミュンヘンンの路上で捉えた開発車両は、その時とほとんど変化が見られないようだ。M3セダンと同じ巨大キドニーグリル、アグレッシブなフロントバンパーを備えセダンと変わりはなく、違いはルーフの長さとDピラー以降のデザインとなっている。リアバンパーはセダンほどアグレッシブに見えませんが、デビュー時には変更される可能性もある。

最新の噂によれば、市販型にはベースフレーバーと、高性能「コンペティション」フレーバーの両方でM3ツーリングを提供する予定だという。つまり、後輪駆動と全輪駆動の両方のバリエーションを用意、パワートレインをセダンと共有する。これはM3ツーリングがコンペティションフレーバー、及び8速ATのAWDのみ提供するという以前の憶測に反しているが、今後の情報が入り次第、修正があればお伝えしたい。

パワートレインは3.0L直列6気筒「S58」ツインターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力は480ps、最大トルク550Nmを発揮しますが、「コンペティション」モデルでは最高出力510ps、最大トルク650Nmへ向上する。

M3ツーリングのデビューは2022年前半、市場では、メルセデスAMG「C63ステーションワゴン」や、アウディ「RS6アバント」などドイツのパフォーマンスワゴンと競合することになるだろう。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!