ナチョスをイメージしたオレンジの鮮やかなカラーの限定車「ジープ・ラングラー・オーバーランド・ナチョ」が発売

2021/06/29 14:00

様々な装備を充実させながら価格は10万円アップと買い得感も高いモデル

FCAジャパンは、Jeepの本格オフローダー「Wrangler(ラングラー)」ならびに「Wrangler Unlimited(ラングラー・アンリミテッド)」に、特別なオレンジのボディカラーを採用した限定車「Wrangler / Wrangler UnlimitedOverland Nacho(オーバーランド・ナチョ)」を設定し、7月10日(土)より計300台限定で販売すると発表した。価格は、ラングラー・オーバーランド・ナチョが5,860,000円(100台限定)、ラングラー・アンリミテッド・オーバーランド・ナチョは6,230,000円(200台限定/いずれも税込)となっている。

今回の限定車であるラングラー/ラングラー・アンリミテッド・オーバーランド・ナチョの名の由来は、メキシコの伝統的なスナック「Nachos(ナチョス)」。ナチョチップはアメリカでも人気が高く、チェダーチーズをたっぷりかけて食べるのが代表的な楽しみ方で、明るいオレンジのオーバーランド・ナチョは、チェダーチーズをかけたナチョチップを連想させると共に、日常を陽気に楽しむ彼らのライフスタイルを想起させるものだ。

さらに2019年に発売された限定車「ラングラー・アンリミテッド・オーバーランド」に採用された数々のオリジナルアイテムを装備。シルバーアクセント入りのフロントグリルやヘッドランプベゼル、シルバードアミラー、18インチ専用アルミホイール、Jeep®ロゴ入りハードタイヤカバーなどがエクステリアを精悍に引き立てる。

インテリアには、Overlandの刺繍入りブラックレザーシートと、Mopar製ハードトップヘッドライナーが特別装備。Mopar製ハードトップヘッドライナーは、インテリアの質感を高めるだけでなく、夏場は断熱効果、冬場は保温効果が得られ、快適性向上にも寄与する。

ラングラー・オーバーランド・ナチョ(2ドア)とラングラー・アンリミテッド・オーバーランド・ナチョ(4ドア)は、いずれもベースとなった「サハラ」と同等の装備を有している。主な標準装備は、LEDヘッドライト、フロントシートヒーター、ヒーテッドステアリングホイール、8.4インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム(Uconnect ®)、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカーなどで、快適装備が充実しているのも特徴だ。

元気が湧き出るような鮮やかなボディカラーと、オリジナリティを際立たせる限定車専用装備、さらに充実した快適装備により、ルックスも機能も高められたラングラー/ラングラー・アンリミテッド・オーバーランド・ナチョ。豊富な追加装備を備えながら、車両価格はベース車に対して100,000円高と大変お買い得となっている。

公式ページ https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-nacho.html?gclid=Cj0KCQjw5uWGBhCTARIsAL70sLLTYTUq-0wCccOfhlHPDab7nS0Ixnv0Cb8v66DRK3P7-OUKIbe31IYaAs8BEALw_wcB

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!