【スクープ】プジョー308新型との兄弟車に! オペル アストラ第6世代モデルの高性能OPCは300馬力超えに!

2021/06/26 09:00

パワートレインはガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドが設定

オペルの主力コンパクトモデル、『アストラ』次期型の最新プロトタイプを鮮明にカメラが捉えた。

5代目となる現行型は、2015年から発売されているが、2006年にオペルが日本から撤退したため、正規輸入はされていない。しかし、今夏からオペルの日本市場復活が決定、近い将来再導入される可能性もある注目モデルだ。

次世代型では、プジョー「308」と「EMP2」プラットフォーム進化版を共有、兄弟モデルとなる。捉えたプロトタイプは、前回同様にボディを黒と黄色の幾何学模様パターンでカラー。先代のヘッドライトはなくなり、新しいグリルで区切られた「Vizor」フロントエンドデザインの一部が見てとれる。

次期型はガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドが設定されることが決定している。パワートレインはプジョー308から流用、最高出力110ps、及び130psを発揮する1.2L直列3気筒ガソリンエンジン、1.5L直列4気筒ディーゼルエンジン、そしてEV走行60km、最高出力180ps、及び225psを発揮する1.6L直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドだ。また高性能版のOPCでは、最高出力300ps超え、最大トルク450Nmを発揮する4WDモデルが噂されている。

アストラ次期型は、オンラインで9月デビューが予想されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!