スバルが「フォレスター」の大幅改良モデルを初公開!

SUVらしい迫力あるデザインを採用

スバルは6月14日、「フォレスター」の日本仕様となる大幅改良モデルを初公開、先行予約を開始した。

2018年6月に発表した第5世代の「フォレスター」は、乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージング、使い勝手の良い装備を採用し、SUVらしいたくましさが感じられるデザインを表現した、同社が最量販車種と位置づけるグローバル戦略車だ。

今回の大幅改良では、スバルのデザインコンセプトである「BOLDER」表現を取り入れたフロントフェイスや新デザインのアルミホイールを採用し、よりSUVらしい迫力のある仕様とした。
また走行性能では全グレードで足回りを改良することで、しなやかさとスポーティさを高い次元で両立。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をe-BOXER搭載車全グレードに拡大展開する。
さらに安全性能でも、「新世代アイサイト」を搭載。ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良により、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートするモデルに仕上がっているという。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!