【スクープ】室内も見えたぞ! マセラティ レヴァンテ弟分となる『グレカーレ』、市販型にフルEVやPHEVも設定の可能性も?

2021/06/11 09:00

パワートレインはアルファロメオ・ステルヴィオからいくつか流用される可能性も

マセラティは2月、開発中の新型クロスオーバーSUV『グレカーレ』市販型プロトタイプの画像を公開したが、その最新テスト車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて鮮明に捉えた。

グレカーレ市販型は、アルファロメオ「ジュリア」や、ハイライディング「ステルヴィオ」と共有する「ジョルジオ」プラットフォームを採用する見込みだ。マセラティ初のクロスオーバーSUV「レヴァンテ」の下に位置するコンパクトモデルとなり、市場ではポルシェ「マカン」、アウディ「Q5」、メルセデスベンツ「GLC」、BMW「X3」らと争うことになるだろう。

「Gracale」ブランドと「Trident」ブランドの名がプリントされたカモフラージュをまとった最新プロトタイプは、レヴァンテとはかなり異なって見える大きなヘッドライト、より目立つフェンダー、かなりアグレッシブな形状のフードを備えており、そのデザイン詳細はプラスチックのこぶにより部分的に隠されている。またリアエンドでは、クロムトリムで区切られたスリムでスポーティなLEDテールライト、クワッドエキゾーストパイプが確認できる。

わずかに見えたキャビン内には、コントラストステッチと丸い通気孔を備えたダッシュボードのトップデザインが確認できる。インフォテインメントディスプレイが全く見えないため、フローティングデザインではなく、ダッシュボードに組み込まれている可能性がありそうだ。またレザーやその他高級素材多用、無線アップデート(OTA)、ワイヤレススマートフォン充電パットなどの装備も濃厚だろう。

パワートレインは、ステルヴィオからいくつかのエンジンが流用される可能性がある。おそらく、最高出力272hpを発揮する2.0L直列4気筒エンジン、ハイエンドモデルには、最高出力500hpを超える2.9L V型6気筒ツインターボエンジンをラインアップ、8速オートマチックと組み合わされることが予想され、全輪駆動はオプション設定となることが予想される。また遅れて、フルエレクトリックバージョンやPHEVの設定も期待できるという。

グレカーレ市販型のデビューは、最速で2021年内と予想されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!