日本のパイオニアと米セレンスが戦略的パートナーシップ契約を締結

萩原充
AUTHOR

車載インフォテインメントに大変革が!

車載用AV機器の大手であるパイオニア株式会社と米国のCerence Inc. (セレンス)は2021年6月8日、モビリティ向けにAI を活用した安全で拡張性が高い製品やサービスの開発に向け、戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表した。

本契約は「サイバーナビ」「楽ナビ」などの車載用AVナビゲーションやプローブ型渋滞情報サービス「スマートループ」といったモビリティサービスを提供する「パイオニア」と、世界中の主要自動車メーカーやモビリティ分野 に自然言語対話型AI をOEM提供する「セレンス」とが、両社の最先端技術と知見を組み合わせてイノベーションを加速し、世界中のドライバーや乗客の移動体験を充実させる製品・サービスの開発を目的としている。

両社は今後、年間1,000 万台以上の車載インフォテインメントシステムをグローバルに展開し、業界をリードするパイオニアの技術力やソリューションサービスと、クラウドベースの対話型AIを活用したセレンスの自動車向けアシスタントプラットフォームをもとに安全で快適、スマートな移動を実現し、直感的かつインテリジェントな移動体験を提供するハードウエアとソフトウエアを共同で開発していく。

セレンスのサンジェイ・ダワン(Sanjay Dhawan)CEOによれば、「AI とコネクティビティの進歩により、自動車メーカーは直感的で自然な車内体験を重要視することとなり、自動車のコックピットが一変しました。セレンスはパイオニアと共に、すべてのドライバーへこの車内体験を提供します。パイオニアの品質とイノベーションに向けた当社の素早いアプローチを組み合わせることで、あらゆる車をインテリジェントで、パーソナライズされたものへと変革させ、車の中にさまざまなデジタルライフをもたらす製品を提供することができます」とのこと。

一方、セレンスとパートナーシップを結んだパイオニアの矢原史朗(やはらしろう)代表取締役兼社長執行役員は、「自動車のコネクテッド化が進み、ドライバーは車内にもたらされる膨大な量の情報に対して大きなストレスを感じています。また、COVID-19 の影響で自動車の重要性が増しており、ドライバーと乗客の両方にとって、車内がより快適で楽しいものであることが求められています。パイオニアは、長年にわたりグローバル市場において車載デバイスを提供してきた実績を通じて、多くの知見を得ています。今後はセレンスと一緒に、市販向けに音声HMI を活用した前例のない新しい価値を創り出し、移動体験を次のレベルへと大きく変革させていきます」と意欲的だ。

市販車載用エンタテインメント機器分野をリードする「パイオニア」と世界約325百万台の市販車にマン・マシン・インターフェイスを供給する「セレンス」との戦略的パートナーシップの締結が、次世代モビリティに大いなるイノベーションを巻き起こすことは想像に難くない。製品・サービスの詳細や導入のタイミングなどは確定次第アナウンスされるようなので期待したい。
パイオニア https://jpn.pioneer/ja/
セレンス www.cerence.com

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!