ジープ・ラングラーにワンタッチで気軽にオープンエアを楽しめる電動開閉式パワートップを装着した限定車「ラングラー・アンリミテッド・サハラ・スカイワンタッチパワートップ」が発売

2021/05/21 12:00

簡単に脱着できるリアクォーターウインドウを取り外せば解放感はさらにアップ!

FCAジャパンは、ジープの本格オフローダー「Wrangler Unlimited(ラングラー・アンリミテッド)」に、電動開閉式パワートップを備えた限定車「Wrangler UnlimitedSahara Sky One-Touch Power Top(ラングラー・アンリミテッド・サハラ・スカイワンタッチパワートップ)」を設定し、6月5日(土)より300台限定で販売すると発表。価格は、6,280,000円となっている。

Asphalt race track ground and beautiful city scenery in Hangzhou at night

ラングラー・アンリミテッドをベースに電動開閉式パワートップを備えた限定車の「ラングラー・アンリミテッド・サハラ・スカイワンタッチパワートップ」は、圧倒的な開放感によりドライブの楽しみを広げてくれるモデルだ。

スカイワンタッチパワートップは、ルーフのほぼ全体をオープンにできる大開口が特徴で、開閉操作も非常に簡単。運転席に備わるスイッチ操作により約20秒でオープン/クローズにできる。しかも走行中でも操作でき、屋根を開きたくなった時や突如雨が降ってきた時にも直ちに開閉が可能。また、サンルーフのように前席頭上のみを開くといった使い方もできます。

さらに左右のリアクォーターウインドウは、パネルごと脱着が可能となっており、取り外したパネルは専用バッグに入れてリアシートの背部に収納が可能。オープンにした状態ではさらなる開放感を満喫できる。

ボディカラーには、現行JL型ラングラーでは初採用となるハイドロブルーP/C(限定150台)と、通常は「ルビコン」のみに設定されるスティンググレーC/C(同150台)の2色が設定され、いずれもブラック内装(レザー仕様)が組み合わされる。

ベースモデルのサハラは、最高出力284ps、最大トルク347Nmを発生する3.6L V型6気筒エンジンを搭載し、多気筒エンジンらしい力強い加速フィールを楽しむことができる。また、LEDヘッドライト(オートレベリング機能付)やヒーテッドステアリングホイール、8.4インチタッチパネル付オーディオナビゲーションシステム(Uconnect ®)、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカーなど快適装備が充実しているのも特徴だ。

公式ページ https://www.jeep-japan.com/special_models/jl-powertop.html

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!