【比較試乗】「ポルシェ718スパイダー vs ロータス・エリーゼ」ピュアなオープンエアスポーツという選択

岡崎五朗
AUTHOR
2021/04/02 15:00

スポーツカーに求めるものは、とにかくファン・トゥ・ドライブであることだろう。ポルシェの中でも718シリーズは、鋭い俊敏性を実現するスポーツカーに最適なミッドシップエンジンレイアウトを採用。スパイダーに至っては軽量化に特化し、さらに特別な存在に仕立てられているのはいうまでもない。そんなスパイダーとガチに勝負するなら……、このクルマしかいない!

これぞまさしくピュアスポーツカー

様々なメーカーが様々なスポーツカーを提案しているが、もっとも古典的なスポーツカーの定義は「乗用車の終わるところに始まり、レーシングカーの始まるところに終わるクルマ」というものだ。0→100km/h加速2秒代を叩きだすテスラのような爆速EVサルーンが登場している昨今、速さだけがスポーツカーの価値ではないことに多くの人が気づき始めているはずだ。だからこそ乗用車とレーシングカーの狭間というきわめてニッチな場所にいるクルマこそがスポーツカーであるという古典的主張の説得力が増している。絶対的な速さではなく、その存在そのもの、あるいはドライバーとの関係性がいかにプリミティブであるか。スポーツカーのキモはそこにあるのだよと。

PORSCHE 718 SPYDER

PORSCHE 718 SPYDER/軽量コンバーチブルトップを備えた純粋なドライビングプレジャーを堪能できる718スパイダー。ドアプルループは細部まで軽量化を徹底したインテリアを強調。走りを純粋に堪能したいなら、オーディオやコミュニケーションシステムの省略も可能だ。

そんな文脈で考えた場合、エリーゼほどスポーツカーらしいクルマはなかなかない。FRP製の小さなドアを開けると、剥き出しのアルミ製バスタブフレームが姿を現す。最近のモデルはドア開口部を最大10mm広げて乗降性を改善したそうだが、幅30cm近くはあろうかというサイドシルを跨いで乗り込むのは依然として骨の折れる作業だ。スイッチやトリム類は必要最小限。車検証に記載されるウェイトは940kg。これほどまでにストリップダウンしての940kgであることを考えるとマツダ・ロードスターの990kgは大したもんだなと感じるが、それでも現代のクルマにとって1トン切りは勲章ものである。

PORSCHE 718 SPYDER

しかし、こいつの真の魅力は数字とは別のところにある。乗ったのはトヨタ製1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載する「スポーツ220Ⅱ」だが、とにかくすべての操作系がダイレクトに満ちている。とくにノンパワーアシストのステアリングは、コーナリングに伴うタイヤのたわみや微少なスリップアングルの増減を一切のフィルターを介さずリアルに伝えてくる。タイヤからスキール音は聞こえてくるがABSは作動しないという、もっとも美味しい状態を簡単にキープできるブレーキにも惚れ惚れした。しかしエリーゼの楽しさはまだほんの序の口。ワインディングロードでは、掌に収まるハイパワーと痛快なサウンド、クイックなステアリングギアレシオによるドーピングとは一線を画すクルマ本来の特性による自然なヒラヒラ感が強烈な操る歓びをもたらしてくれる。ふと気付くと日常の雑事はすべて忘れドライビングに集中していた。この没入感こそがエリーゼの魅力だ。

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ルボラン2021年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!