レクサスが次世代EVコンセプトカーの「LF-Zエレクトリファイド」を世界初公開! ブランド変改への取り組みをアピール

AUTHOR

2025年までに約20車種の新型や改良モデルの電動車を投入。「LF-Zエレクトリファイド」は車両基本性能の大幅な進化を実現すべく新たに開発したEV専用プラットフォームを採用

3月30日、レクサスは今後のブランド変革に向けた取り組みを「LEXUS CONCEPT REVEAL SHOW」と題して発表し、次世代EVコンセプトモデル「レクサスLF-Zエレクトリファイド」を初公開した。

このたびの発表でレクサスは、2025年までに世界各国や地域のニーズに応じて適時、適材、適所の考え方のもと、10以上のEV、PHV、HV等の電動車を含む約20車種の新型や改良モデルを投入する計画を発表。基幹モデルのセダンやSUVラインナップの強化拡充にとどまらず、クルマを操る楽しさを提供し続けるスポーツモデル、新しいショーファーの在り方やこれまでにない新ジャンルのモデル等の可能性を追求し、カスタマーの期待を超える新しい価値の提供に挑戦していく。

2025年には全車種に電動車を設定、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指す。そして2050年には、全モデルラインアップにおける材料製造、部品製造・車両製造、物流、走行、廃棄・リサイクルの各段階を含めたライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指したクルマづくりの実現を目指す。

今回の発表で披露されたコンセプトカー「レクサスLF-Zエレクトリファイド」は、2025年までに実現を見据えた走りやデザイン、先進技術を織り込んだブランドの変革を象徴するEVコンセプトカー。電動化ビジョン「Lexus Electrified」で目指す「車両基本性能の大幅な進化」を実現するため、EV専用プラットフォームを採用。また、モーター駆動力のレスポンスの良さを活用し四輪を自在にコントロールすることで、従来のクルマとは一線を画した、高度かつ自由度の高い運動性能を実現する、新たな四輪駆動力制御技術「DIRECT4」等を採用する。レクサスが培ってきた電動化技術と車両運動制御技術を融合し、ドライバーの感性に寄り添った走りの進化を目指すものだ。

このコンセプトカーのボディサイズは全長4880×全幅1960×全高1600mmで、ホイールベースは2950mm。WLTPモードで600kmの航続を可能とする90kWhのリチウムイオン電池と、400kW(約544ps)/700Nmを発揮するモーターによって車重2100kgのボディを停止から100km/hまでを3.0秒で加速させる性能が与えられている。最高速は200km/hに届く。

彫りの深い情感あふれるエクステリアは、レクサスの独自性を強くアピールするもの。そしてリヤへの高出力モーター搭載がもたらす躍動的でアジャイルな走りの感覚を表現している。

インテリアでは、EVらしいドライビング体験を提供するために、創業当初から根幹としてきた「人間中心」の思想をより高次元で具現化するために設計した「Tazuna Cockpit」と、開放感のあるクリーンな室内空間を備えている。

そのほかにも、ドライバーとの対話を通じて、嗜好や行動特性を学習したAIが、ライフスタイルコンシェルジュとしてルート案内やレストランの予約等の提案を実行。道中の安心・安全をサポートすることで、カスタマーの移動の体験をより豊かなものにする。

このたびの発表では、2024年3月に「トヨタ・テクニカルセンター下山」(愛知県豊田市)にレクサスの新たな事業拠点を開設する計画も明かされた。レクサスブランドの開発、デザイン、生産技術、企画に、携わるメンバーが一堂に会し、100年に一度と言われる自動車の大変革期において、カスタマーを笑顔にできる「もっといいクルマづくり」を推進する。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!