「レンジローバー」にスペシャル・ビークル・オペレーションズ仕立ての限定モデルが登場!

H.Tanaka
AUTHOR
2021/03/19 17:00

ベースモデルは5Lスーパーチャージャーエンジン搭載の「レンジローバー・ヴォーグ」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUVである「レンジローバー」の特別仕様車「レンジローバーSVOデザイン・エディション2021」を設定。限定7台の販売で、2021年3月19日より全国の正規販売ディーラーネットワークより受注を開始した。消費税込みの車両本体価格は21,000,000円となる。

「レンジローバーSVOデザイン・エディション2021」は2017年、2019年に限定15台で発売されたスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)の特別仕様車「レンジローバーSVOデザイン・エディション2017」、ならびに「レンジローバーSVOデザイン・エディション 2019」が好評だったことを受けて企画された第3弾となる。

ベース車両は5L V型8気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジンを搭載した「レンジローバー・ヴォーグ」で、ランドローバーのハイパフォーマンス・モデルやビスポークオーダーを専門に手がけるSVOが設計・開発を行なったボディキット「SVOデザインパック」を特別装備する。ボディカラーはサントリーニブラックで、フロントバンパー、フロントグリル、サイドベント、サイドシル・クローティング、リヤバンパー(インテグレーテッド・テールパイプ)からなる「SVOデザインパック」を装着。全体をブラックで統一し、さらにシャドーアトラスのアクセントを随所に施して重厚感のある「レンジローバー」のスタイルをより一層際立たせている。

インテリアカラーにはエボニーを採用、グランドブラックのパネルやステアリングホイールにウッドとレザーの素材を組み合わせてシックで落ち着いた空間を提供する。また、イルミネーション付きメタルトレッドプレートには「レンジローバー」スクリプトが刻まれ、さらに車内空間に快適性を提供する20ウェイ電動シート(前席ヒーター&クーラー、後席電動リクライニング&ヒーター)や空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付き)などの厳選されたアクセサリーも組み合わせる。加えて、ヘッドアップディスプレイやドライバーアシストパックなど、ドライバー支援システムも充実している。

「レンジローバーSVOデザイン・エディション2021」
・受注開始日:2021年3月19日(金)
・ベースモデル:レンジローバー・ヴォーグ
・台数:7台

主な特長および装備

・エクステリアカラーにサントリーニブラック、インテリアカラーにエボニーを採用
・SVOデザインパック(フロントバンパー、フロントグリル、サイドベント、サイドシル・クローティング、リヤバンパー)
・シャドーアトラスのアクセントを施したシャドーエクステリアパック
・ブレーキキャリパー(ブラック)
・ピクセルLEDヘッドライト(シグネチャーDRL付き)
・22インチ “スタイル9012” 9スプリットスポーク(グロスダークグレイ、コントラストダイヤモンドターンドフィニッシュ)
・20 ウェイ電動シート(前席ヒーター&クーラー、後席電動リクライニング&ヒーター)
・ウッド&レザーステアリングホイール
・イルミネーション付メタルトレッドプレート(” RANGE ROVER ” 文字入り)
・ヘッドライニング(エボニー、モルジヌ)
・ブライトメタルペダル
・フロントセンターコンソールクーラーボックス
・空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)
・ヘッドアップディスプレイ
・ドライバーアシストパック

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!