「レンジローバー・ヴェラ―ル」の2021年モデルは「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」を初搭載!

H.Tanaka
AUTHOR
2021/03/11 17:30

ガソリン仕様をベースとした2021年限定モデルもラインアップ

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「レンジローバー・ヴェラ―ル」の2021年モデルの予約受注を2021年3月10日より全国の正規販売ディーラーネットワークにて開始した。消費税込みの車両本体価格は、ディーゼルエンジン搭載モデルが7,870,000円~9,040,000円。ガソリンエンジン搭載モデルは8,490,000円~10,760,000円で、2021年モデル限定グレードとして新設定された「ヴェラール・エディション」が10,130,000円となる。

2021年モデルではエンジンラインアップを見直し、MHEVを採用した最新の2Lインジニウム・ディーゼルエンジン(最高出力150kW/204㎰、最大トルク430Nm)を導入。これに2L直列4気筒インジニウム・ガソリンエンジン(最高出力184kW/250㎰、最大トルク365Nm)を加えた2種類展開となった。

機能面では、「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」をランドローバーとして初採用していることがニュース。この機能はメリディアン・サウンドシステムに設定されるもので、ノイズキャンセルリング技術を車両に応用。各ホイールに設置した加速度計がロードノイズの原因となる振動を検知し、そのロードノイズを反転させた逆位相を自動計算して車内のスピーカーから発生させ、走行中のノイズを打ち消す。この機能は、低周波ノイズに起因する運転時の疲労低減にも貢献するという。

さらに3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどの多彩なドライバー支援システム、スムーズで快適な通信環境を提供する最新のインフォテインメント・システムの「Pivi Pro」を標準装備。安全性と利便性も向上した。

また、2021年モデル限定となる新グレードの「ヴェラール・エディション」も追加。このモデルはヴェラールの斬新で流麗なデザインを引き立てるべく企画されたもので、「R-DYNAMIC SE P250」をベースとする。エクステリアカラーはサントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーのほかに専用色のランタオブロンズを用意。スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、ブラックパック、20インチ”スタイル7014″7スポーク(グロスブラックフィニッシュ)など、黒を基調した装備で全体を引き締めモダンで洗練された外観に仕上げられている。

「RANGE ROVER VELAR」2021年モデル 概要
受注開始日:2021年3月10日(水)

おもな特長および装備 

・ドライバー支援システムを標準化
・3Dサラウンドカメラ
・ブラインドスポットアシスト
・アダプティブクルーズコントロール
・リアコリジョンモニター
・リアトラフィックモニター
・ステアリングホイールとシフトレバーのデザインを変更
・エアコン動作時にマイナスイオンを発生させる、空気イオン化テクノロジーに、室内の微細な空気の汚れを取り除くPM2.5フィルターを追加(オプション)

2021年モデル限定グレード「ヴェラ―ル・エディション」

・ベースモデル:「R-DYNAMIC SE P250」
・エクステリアカラーは「VELAR EDITION」専用色のランタオブロンズ(新色)のほか、サントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーから選択可能
・スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ
・マトリックスLEDヘッドライト(シグネチャーデイタイムランニングライト付)
・フロントフォグランプ
・ブラックパック
・20インチ”スタイル7014″7スポーク(グロスブラックフィニッシュ)
・ステアリングホイール(パーフォレイテッドレザー)
・パーフォレイテッドグレインレザー&スエードクロスシート(エボニー)
・14ウェイフロントシート(運転席メモリー付き)

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!