【スクープ】メルセデス・ベンツの旗艦EVサルーン、「EQS」のディテールが露出!

2021/03/11 07:00

市販型「メルセデス・ベンツEQS」のグラスエリアが露わに! ホイールもEQシリーズ共通のデザイン?

メルセデス・ベンツの旗艦EVサルーン、「EQS」の市販型最新プロトタイプが出没した。すでにプロトタイプの存在は公式サイトでも明らかになっているが、今回キャッチした車両は、これまでで最もカモフラージュが軽い状態だった。

そのエクステリアだが、デュアルトーンのインナースポークデザインが印象的なEQシリーズ共通のエアロダイナミックホイールを初装着。またルーフライン、ピラー、ウインドーラインが完全に露出していることにも注目。「CLS」や「メルセデスAMG GT4ドアクーペ」を含む既存のメルセデスより滑らかなシルエットに仕上げられていることが確認できる。さらにサイドミラーハウジングは「EQC」のデザインと一致、リヤエンドではテールゲートの全体的形状が第1世代の「GLEクーペ」を彷彿とさせる。

一方、グラスエリアに目を転じるとドライバーの着座位置が通常のメルセデス製サルーンと比較してアップライトなことも興味深い。インパネ回りのレイアウトは、CES2021で公開されたハイパースクリーンの採用、あるいは新型「Sクラス」や「Cクラス」と同じくタッチスクリーンのインフォテインメントシステムなどで大幅なデジタル化を実現しているはずだが、ドライビングポジションの変化は床下にバッテリーを収めているであろうピュアEVならではの特長だろう。

ハードウェアは、Sクラスの「MRA」と異なる「MEA」アーキテクチャーを採用。電気モーターは前後アクスルに搭載され、駆動方式は4WDがスタンダード。その最高出力は総合で450ps以上を発揮し、0-100km/h加速4.5秒、最高速200km/hのパフォーマンスを実現するという。また、メルセデスAMGバージョンでは600ps近くまでパワーアップされる一方、航続距離はWLTPサイクルで435マイル(700km)を超えると噂されている。そのワールドプレミアは2021年内と予想されている。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!