人気の「ダイハツ・ロッキー」がマレーシアでは「アティバ」に!

H.Tanaka
AUTHOR

ダイハツの海外向け「DNGA」の第1弾として「ロッキー」をベースに開発

ダイハツは3月3日、DNGA海外展開の第1弾としてダイハツのマレーシアにおける自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥア(セランゴール州)からコンパクトSUVの国民車、新型「アティバ」を発売した。

新型アティバは、2019年に日本で発売したコンパクトSUV「ロッキー」をベースに、プロドゥアとダイハツの協力によりマレーシア市場に最適な形に作り上げたモデル。同時に、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」による海外展開第1弾の商品でもある。

DNGAは、軽自動車を基点に小型車まで設計思想を共通化した「一括企画開発」を採用。ダイハツは、日本およびアセアンを中心とした新興国においてグローバル商品としてベースを共通化しつつ、現地ニーズに最適に応える商品として市場投入できるクルマづくりを進めてきた。ダイハツでは、今後もDNGAによる商品を海外市場に投入、より多くのニーズに応えていく予定という。

 

一方、プロドゥアは1993年にダイハツとの協業により創業した小型車を中心とするマレーシア第2の国民車メーカーで、2006年から2020年まで15年連続でマレーシア国内販売シェアトップを獲得している。

また、プロドゥアはこれまでも商品開発から生産、調達、販売にわたる構造改革を実施。「アジア」、「ベザ」、「マイヴィ」、「アルズ」といった現地に最適かつ競争力の高い小型車を市場へ投入している。今回のアティバ投入を皮切りに、今後も「良品廉価」、「最小単位を極める」、「先進技術をみんなのものに」という3つの価値を提供するDNGA商品を順次ラインアップに加えて幅広いユーザーのニーズに対応するという。

新型「アティバ」のおもな特長

・デザイン:SUVらしい力強くアクティブなデザイン
・パッケージ:小回りの利くAセグメントのコンパクトサイズと広い室内空間の両立
・安全性能:マレーシア専用に設定した衝突回避支援システム「スマートアシスト」
・基本性能:DNGA新プラットフォームや新ユニットによる、快適な走りや乗り心地などの高い基本性能
・経済性:国民車に相応しいリーズナブルな価格

主要諸元その他
・駆動方式:FF
・エンジン:1KR-VETターボ998cc
・トランスミッション:CVT(D-CVT)
・乗員定員(名):5
・全長×全幅×全高(mm):4065×1710×1635
・目標販売台数:3000台/月
・希望小売価格(マレー半島):61,500~72,000リンギット
(日本円:約162~約189万円(2021年3月2日正午時点換算)
・生産工場:PGMSB(プロドゥア・グローバル・マニュファクチャリング)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧