【比較試乗】「BMW 1シリーズ vs 2シリーズグランクーペ vs 2シリーズグランツアラー vs X2」アナタならどのモデルを選ぶ? BMWのFFコンパクト大研究!

2021/03/03 11:00

スポーティな走りを楽しむなら、やっぱりFRでしょ? というアナタ。確かにおっしゃる通り。だけど、ちょっと待ってください! いまやBMWのエントリーモデルには扱いやすいボディサイズで、ハッチバック、セダン、SUV、ミニバンと、好みと使い勝手に合わせて選択できる豊富なFFモデルが揃っているのです。それを試さない手はないのでは?

エンジン横置きBMWの魅力を導き出す

エンジン縦置き+後輪駆動のパワートレインをいまだに主軸としているBMWとメルセデスの「下からふたつのシリーズ」、つまりBMWなら1/2シリーズ、メルセデスならA/Bクラス、それらの派生モデルのX1/X2シリーズとGLA/GLBシリーズは、いずれもエンジン横置き+前輪駆動がベースとなっている。

BMW M135i xDrive/ついにFRからFF主体のレイアウトを採用した1シリーズ。試乗車のM135iはメッシュデザインのキドニーグリル、Mリアスポイラーをはじめとする特別装備と、4WDのxDriveを採用すたエントリーモデルらしからぬパフォーマンスを発揮する。

パッケージの観点からすれば、縦置きよりも横置きのほうがパワートレインのキャビンへの侵食が少なく、小さな外形でも大きな室内空間を確保しやすいし、コストが抑制できる。世界中のコンパクトカーのほとんどすべてがFFの駆動形式を採用している潮流もそれが理由で、BMWとメルセデスの判断は必然とも言える。

BMW M135i xDrive

編集部から「BMWのベストFFコンパクトを探せ」みたいなことを仰せつかったが、厳密に言えばxDriveの4WDもあるわけで、要するに「エンジン横置きBMWの魅力を導き出せ」ということだろうと解釈した。皆さんもご存じのように、“2シリーズ”と言っても従来のプラットフォームを使い続けているクーペやカブリオレやM2はいまだエンジン縦置きのFRが基本なので、今回の特集には含まれない。でも、もはやコンパクトFRというのはBMWの2シリーズクーペ/カブリオレ/M2くらいしか世の中には見当たらないので、“有形文化財”的な大変貴重な存在となったのも事実である。また、あえてオーソドックスなX1にもご遠慮いただいたようだ。「そのほうが個性が際立つモデルばかりが揃ってなんだか楽しそう!」という楽天家の担当編集者の意向である。

BMW M135i xDrive

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2021年3月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!