【比較試乗】「BMW M8クーペ vs メルセデスAMG GT R vs アウディR8クーペ」ワインディングで見えてきたそれぞれの世界観

島下泰久
AUTHOR

ライバル対決のトップバッターはブランドを代表する高性能スポーツの闘いだ。AMG、M、アウディスポーツといった高性能モデルを手掛ける専門部隊が、手塩にかけたトップパフォーマーたち。キャラクターの違いや、そこに込められた熱い情熱についてを考察してみた。

むしろラグジャリーなムードをまとうM8

あえてサーキットではなくワインディングロードで、この3台のような600ps級のハイパフォーマンスモデルに期待するものは何だろう? もちろん昂ぶらせる雰囲気も重要だが、走りに関して言えば、持てるパフォーマンスを解き放つには、ここは狭過ぎる。欲しいのは速さではなく走りの密度、充足感といった辺りだろうか。

BMW M8 COUPE COMPETITION/3台の中で最強のパワーユニットを搭載

BMW M8クーペ・コンペティションは、車名とは裏腹にラグジュアリーなムードをまとう。フロントの大きな開口部や20インチホイールの奥に顔を覗かせる大容量のブレーキ、左右4本出しのエキゾーストといったディテールは確かに迫力を感じさせるが、基本フォルムは流麗なクーペであり、内装だってフルレザー張りなのだ。

BMW M8 COUPE COMPETITION/既存のV8ターボをチューニングして今回最強の最大トルク750Nmを発生、最高出力は625psを叩き出す。

それでも、エンジンを始動した途端に飛び込んでくる野太いV8サウンドを聞けば自ずとテンションは高まってくる。最高出力625ps、最大トルク750Nmを発生する4.4Lツインターボユニットは、1800rpmから5860rpmというきわめて広い回転域で最大トルクを発生し続けるフレキシビリティを誇り、走りは出足から非常に軽快。1.9トンという車重を忘れさせる。

BMW M8 COUPE COMPETITION/強烈なパワーをしっかりと路面に伝えるべく4WDのxDriveを採用する。

しかも回り方は精緻で、レスポンスもシャープ。全開になどしなくても、やはりMはエンジンだと実感させてくれる。トップエンドに向けて駆け上がっていく時のパワーの盛り上がりとサウンドも、まさに快感と言うほかない。
ただし、ひとたびコーナーへと飛び込めば、さすがに車重を意識させられることになる。全体に接地感が薄く、実際に4WDだというのにリアの滑り出しも呆気ない。それならいっそとCOMFORTに切り替えると、外輪に荷重がかかり過ぎてやはり攻めきれない。

BMW M8 COUPE COMPETITION

手前でしっかり減速して素早く向きを変え、立ち上がりで積極的に踏んでいく走り方が、このクルマには合っている。それはそれでいいのだけれど、Mの名が付くクルマのコンペティションというモデルとしては正直、食い足りない感じは残った。

BMW M8 COUPE COMPETITION

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2021年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!