これが本命? 「マツダMX-30」のピュアEVバージョンが発売開始!

AUTHOR
2021/01/29 09:00

「マツダMX-30 EVモデル」は145ps/270Nmを発するモーターと35.5kWhバッテリーを搭載。最大航続距離は256km

1月28日、マツダは同社初の量産電気自動車「MX-30 EVモデル」を発売した。

●「マツダMX-30 EVモデル」ラインアップ
・EV:4,510,000円
・EVベーシックセット:4,587,000円
・EVハイエストセット:4,950,000円
※価格は消費税込み

マツダの新世代SUV「MX-30」は、昨年10月にまずマイルドハイブリッドモデルが発売された。このたび登場したのは、同社が掲げる2050年時点のカーボンニュートラル実現へのチャレンジ向けて、マツダの「マルチソリューション戦略」の一環として企画・開発されたピュアEVバージョンだ。

搭載される電動パワーユニット「eスカイアクティブ」は、107kW(約145ps)/270Nmを発するモーターと、総電力量35.5kWhのリチウムイオンバッテリーで構成。モーターは前輪を駆動し、一回の満充電で256km(WLTCモード)の航続が可能だ。

ボディは、新世代車両構造技術「スカイアクティブ-ビークル・アーキテクチャー」を採用。基本骨格のストレート化と、バッテリーパックを骨格として活かした環状構造によって、剛性アップと伝達遅れ低減の両立を実現している。

走行性能の面では、高い操縦安定性を実現するマツダ独自の「G-ベクタリング コントロールプラス(GVC Plus)」を進化させた、「エレクトリック G-ベクタリング コントロール プラス(e-GVC Plus)」を搭載し、EVならではのシームレスな車両挙動による人馬一体の走りを深めている。

そのほか、ドライバーが“意のままの走り”を実現するための策が採用されており、ブレーキペダルの操作量からドライバーが必要とする制動力を判断し、その範囲内で最大限のエネルギー回生を行ないつつ、不足分を摩擦による制動力で補う「回生協調ブレーキ」、人の感覚に合ったトルクコントロールを可能とした、エンジン車のアクセルペダルに相当する「モーターペダル」、加速状況に応じて発生するトルクの状態をドライバーが無意識に認知できることを考え、モータートルクに同期したサウンドを発生する「サウンド」システム、通常走行時の「D」レンジを基準にプラスとマイナス、それぞれ2段ずつの合計5段を設定し、ステアリングに設置したパドルで変速可能な「ステアリングホイールパドル」が挙げられる。

MX-30 EVハイエストセット

また、このモデルのユーザーがより安心してカーライフを送れるように、コネクティッドサービスとスマートフォン専用アプリ「MyMazda」が連携。バッテリーの状態確認や充電し忘れ通知、出発前のエアコン操作など、EVだからこその機能を充実させているのも特徴。具体的には以下のサービスが展開される。
・「リモートチャージ」:「MyMazda」アプリを使い、駆動用バッテリーの充電ON/OFFが可能
・「リモートエアコン」:「MyMazda」アプリを使い、車内のエアコンの作動/停止が可能
・「充電スポット検索」:充電スポット検索を使って、近くの充電スポットを目的地として送信可能
・「目的地送信」:バッテリー残量やエアコン作動状況など車の状態を「MyMazda」アプリで確認可能
・「うっかり通知」:タイマー充電開始の1時間前に充電コネクタが適切に挿入されていない場合に通知

MX-30 EVベーシックセット

バッテリーの充電は、普通(AC)充電および急速(DC)充電の2種の充電方式を搭載。急速充電はCHAdeMO(チャデモ)規格を採用し、普通充電は最大入力6.6kWまで対応する。スマートフォンアプリ「MyMazda」を利用して、家の中などクルマから離れた場所から、スマートフォンで充電ステータスをチェックすることが可能だ。

MX-30 EV

モデルバリエーションは、エントリーモデルの「EV」に加えて、自動防眩ルームミラーや本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、アドバンスドキーレスエントリーシステムなどをプラスした「EVベーシックセット」と、アダプティブLEDヘッドライトやステアリングホイールヒーター、運転席パワーアシスト機構、前席シートヒーター、クロス+合成皮革シート、BOSEサウンドシステムなどを標準装備する「EVハイエストセット」をラインアップしている。

購入にあたっては、残価設定クレジットプラン「マツダスカイプラン」が用意されている。残価率は従来のガソリン車と同等で、3年プランで55%、4年プランで43%、5年プランで35%、6年プランで30%となっている。

また、購入前の不安を緩和するために「1DAYモニター試乗」や困りごとの相談ができる「EV専用ダイヤル」を用意。さらに今秋からは、コネクティッドサービスを活用してバッテリー状況をモニタリングし、バッテリーに優しい使い方をアドバイスしてもらえる「バッテリーケアアドバイス」も予定されている。

なお、マツダ公式サイトでは、「MX-30 EVモデル」車種サイトのほか、「わたしらしく生きる」方々を応援するサイトを公開中だ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!