「BMW M5」では初の究極モデルとなる「CS」が限定発売!

AUTHOR
2021/01/29 08:00

「BMW M5 CS」の4.4Lツインターボは635psを発揮。「M5コンペティション」より70kg軽い車重により3.0秒の0-100km/h加速を実現

1月27日、BMWは「BMW5シリーズ」のトップパフォーマンスモデルである「M5」に、走りの性能をさらに高めた限定モデル「BMW M5 CS」を設定したと発表した。市場導入は今春からスタートする予定で、ドイツでの販売価格は18万400ユーロ(約2276万円)だ。

搭載される4.4L V型8気筒ツインターボエンジンは635ps/750Nmを発揮。このスペックは現在日本でも販売されている「M5コンペティション」より10psの上乗せとなる(最大トルクは同じ)。8速ATの「Mステップトロニック」と、BMW M専用セッティングの四輪駆動システム「M xDrive」を組み合わせたそのパフォーマンスは3.0秒の0-100km/h加速、10.3秒の0-200km/h加速、305km/hの最高速をマーク。ちなみにM5コンペティションの加速データはそれぞれ3.3秒、10.8秒だから、明確なパフォーマンスアップを図っていることがわかる。

もちろん、たったプラス10psで0-100km/h加速タイムを0.3秒削れた訳ではない。「M5 CS」では徹底したボディの軽量化が実施されており、車重はM5コンペティションと比べて70kgもダイエット。車両重量は1825kgに抑えられている。

ボンネットやフロントスプリッター、ドアミラーキャップ、リヤスポイラー、リヤディフュザー、エンジンコンパートメントカバー、そしてインテークサイレンサーにはCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)を採用。

さらに後席を独立した2名掛けとしてMカーボンシートを装備することで、パフォーマンス向上に寄与するとともにM5 CSの個性を際立たせている。

足まわりにも手が入っており、前後サスペンションはスプリングとダンパーに専用セッティングを施しているほか、ゴールドブロンズカラーが目を引く20インチのYスポークデザイン鍛造ホイールを採用。タイヤはサーキットトラックなどでのスポーツドライビングに対応したピレリPゼロ・コルサが標準装着されている。タイヤサイズはM5コンペティションと同じで、フロントが275/35ZR20、リヤが285/35ZR20。

これら以外にも、M5 CSの個性を際立たせるディテールが内外装にわたって与えられている。エクステリアではゴールドブロンズのキドニーグリル・サラウンドや、ボンネットフードのエアアウトレット、フロントフェンダー後部のサイド・ギルなどは、専用のデザインまたはカラーを採用。キドニー・グリルやサイド・ギル、リヤエンドには「M5 CS」のバッジを装着する。ブレーキキャリパーは標準ではレッドに塗装されるのだが、オプションのMカーボンセラミックブレーキを選択するとゴールドペイントとなる。

ボディカラーは、BMWインディビジュアル・マットペイントによるブローズン・ブランズ・ハッチ・グレー・メタリックと、フローズン・ディープ・グリーン・メタリックが設定された。

インテリアでは、12時位置にマーキングを施すMアルカンターラ・ステアリングホイールやカーボンファイバー製シフトセレクターが、卓越した走りをイメージさせる。

座面の一部にカーボンを用いたメリノレザー張りのシートはブラックカラーが基調で、肩口やステッチにレッドカラーをあしらうほか、インパネの助手席側には「CS」のロゴが表示され、独特のコントラストを演出。ドアのスカッフプレートにも「M5 CS」のロゴが表示される。

TAG :

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!