【スクープ】フォルクスワーゲンの3列シートEV「ID.6」がプジョールックで北欧に出現!

2021/01/22 07:00

「ID.6」に搭載されるデュアルモーターのEVパワートレインは459kmと600kmの航続距離を実現?

フォルクスワーゲンが開発を進めている新型電動SUV、「ID.6」の市販型プロトタイプがキャッチされた。ID.6は、2019年の上海モーターショーで公開された電動クロスオーバーSUV、「ID.ROOMZZ」の市販モデルだ。

豪雪のフィンランド山中でキャッチした最新プロトタイプはヘッドライトやグリル、バンパーにステッカーを貼り、プジョー風のフロントマスクでカモフラージュ。また、テールライトもダミーコンポーネントを装着している状況から、その開発は中盤あたりと思われる。また、フロントドアとリアゲートには電気自動車を意味する「Elektrofahzeug」のステッカーが貼られており、このプロトタイプがEVモデルであることも明らかだ。

市販型では、「MEB」プラットフォームを採用。ホイールベースは2965mm(116.7インチ)で全長は約5mと予想され、「トゥアレグ」より大きな居住空間を実現するフルサイズのSUVとなることが濃厚だ。その室内は2列5人乗り、および3列7人乗りのシートレイアウトを提供。コンセプトカーではスライドドアが採用されていたが、市販型ではヒンジドアになる。

EVのパワーユニットは、前後2つのデュアルモーターを採用。システム合計の最高出力は302psと410hpをラインアップ。1充電あたりの航続距離は、それぞれ459kmと600kmを可能にするという。このID.シリーズにおける最新作となるID.6のワールドプレミアは、2021年内あたりと予想されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!