【VWゴルフV大研究】さりげないエクステリアのアップグレード術【VW GOLF FAN Vol.9】

2021/01/10 09:00

※この記事は2006年9月に発売された「VW GOLF FAN Vol.9」から転載されたものです。

LV(ル・ボラン)所属、ということで日頃は取材のアシに使われている’04年式ゴルフGLi。もちろん、自動車専門誌の編集部に籍を置くからには「お役目」がそれだけに終始するハズもなく、折を見ては細かいところに手が加えられている。ここでは、そんなLVのGLiに施されたモディファイをエクステリアのアップグレード、というテーマでまとめてみた。

機能面でも満足度が高いW杯仕様のスポコン2

「さりげない」といえば聞こえは良いが、ウラを返せばれはそれは門外漢には決して理解されない、本来地味なものであることを意味する。だから今回のモディファイ報告もVWゴルフを知らない人、ましてや大してクルマに興味のない人にはまず分からないであろう類に違いない。だが、そのような「分かる人には分かる」ものこそマニア心をくすぐる、要は“通”な手であるとする空気が厳然と存在するのもまた事実。その点でいけば、LVゴルフに施されたアップグレードは、確かにさりげない内容だといえるだろう。

STEP 1 TIRE
サッカー好きには必須アイテム
そのポジションは季節商品的!?

Continental / ContiChampionContact

その最初のステップとなったのはタイヤ。スタッドレスに代えて交換、という時期がちょうどドイツW杯前ということで「コンチ・チャンピオン・コンタクト」をチョイスしたのだが、このモデル、「サッカーボールデザイン」なるサイドウォールに最大の特徴がある。

 

機能上は、ベースである「スポコン2」と変わらない。デザイン上の“遊び”も、近づかないと分からない程度だ。装着したサイズは205/55ZR16で、他に3サイズがラインナップされていた。

ご覧のように、その側面にはサッカーボール(いまどきあまり見ないタイプだが)がランダムに並び、ちょっと楽しげな雰囲気。もちろん、決して派手ではない。写真からも明らかなように、デザイン自体は近寄らなければ分からない抑制の効いたものだ。

それでいて、タイヤとして押さえるべき部分にも抜かりはない。一応、独自の名前を与えられてはいるがベースは同社のフラッグシップ、“スポコン2”こと「コンチ・スポーツ・コンタクト2」であり、中身の違いは前述の“サッカーボール”だけ。つまり、パフォーマンスは折り紙付きなのだ。実際、ゴルフVとの組み合わせだと、絶対的なグリップ力こそソコソコではあるが、しなやかで質感の高い乗り心地が際立っていた。

必要にして十分なグリップ力と、しなやかな乗り心地に代表される快適性の高さが際立つチャンピオン・コンタクト。4月1日発売の限定品、ということでいまからゲットするのは難しいかもしれないが、同等のキャラクターを所望する向きは是非とも「スポコン2」をお試しあれ。

LVのGLiに履かせたのはノーマルより1インチ大径な205/55ZR16なのだが、それによるデメリットも皆無。限定品、ということでいまからチャンピオン・コンタクトを入手するのは難しいかもしれないが、とりあえずスポコン2とゴルフVの組み合わせが上々であることは間違いない。

VW GOLF FAN Vol.9から転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!