プラグインハイブリッド仕様が追加! 「メルセデス・ベンツGLC 350e 4MATIC」が発売

H.Tanaka
AUTHOR

新設定された「GLC 350e 4MATIC」の「EQ POWER」は320㎰&700Nmのアウトプットと46.8kmのEV走行を実現

メルセデス・ベンツ日本は、ミドル級プレミアムSUVの「メルセデス・ベンツGLC」にEQ POWER(プラグインハイブリッド)の4WDモデルである「GLC 350e 4MATIC」を設定。1月7日より全国の正規販売店ネットワークを通じて予約受注を開始した。消費税込みの車両本体価格は8,990,000円で、カスタマーへの納車は2021年4月以降を予定している。

GLCは、メルセデス・ベンツの主力モデルである「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備えると同時にSUVならではの高いアイポイント、同セグメントでは低い重心による乗用車のような乗り心地と取り回しの良さを実現したプレミアムSUV。2019年10月にアップデートされた現行型では内外装デザインを一新。対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを採用している。

搭載するプラグイン・ハイブリッド(EQ POWER)は、優れた環境性能と高性能な走りを両立(画像は昨年に先行して導入されたGLCクーペ)

今回追加する「GLC 350e 4MATIC」は、最高出力211㎰(155kW)、最大トルク350Nmを発生する2L直列4気筒ターボエンジンに最新世代のプラグインハイブリッドシステムをドッキング。先代よりリチウムイオンバッテリーの蓄電容量をアップさせたことで(総電力量は13.5kWh)モーターアシストが向上、システム総合の最高出力は320㎰(235kW)、最大トルクは700Nmに達する。130km/hまではモーターのみでの走行が可能で、EVモード時の航続距離は46.8kmと発表された。なお、ダイムラーの完全子会社である「Deutsche ACCUMOTIVE」製となるリチウムイオンバッテリーは、小型化されたことで複数のモデルに搭載することが可能な高い汎用性も自慢という。

機能面では、「インテリジェントアクセルペダル」に「プレッシャポイント機能」を採用。EV走行モード時、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増し、ドライバーに知らせることで無駄なエネルギー消費を抑えるドライビングを実現した。

電動化モデルの普及に向けたアシストも手厚い。6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体が無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施。短時間での充電による利便性を向上させている。また、充電サービス「Mercedes me Charge」に普通充電器(AC)が定額で利用できる「Mercedes me Charge AC」を新導入。月額基本料金3000円(税込)を支払うことで、全国にあるNCS(日本充電サービス)加盟の普通充電器(AC)を無料で利用できる。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!