日本車では初! ピュアEVの「ホンダe」がドイツのカー・オブ・ザ・イヤーを受賞

AUTHOR
2021/01/07 07:00

「ホンダe」はVWゴルフをはじめとする強豪を抑え、イヤーカーの栄冠に

ホンダモーターヨーロッパは、昨年発売された新型ピュアEV「ホンダe」が、「ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー2021 」のイヤーカーに選出されたことを受けて、同アワードを受賞した初めての日本車であることを報じている。

ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤーは、ドイツの主要な自動車ジャーナリストからなる審査員によって決定される。審査車両は、使いやすさや運転特性、マーケットとの関連性、革新のレベルに応じてランク付けし、コンパクト、プレミアム、ラグジュアリー、ニューエナジー、パフォーマンスの5つのカテゴリーで選出された勝者が、全体の勝者「イヤーカー」を決定するために直接対決する。

ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー2021では、コンパクト部門は「フォルクスワーゲン・ゴルフ」、プレミアム部門は「フォルクスワーゲンID.3」、ラグジュアリー部門は「ポールスター2」、ニューエナジー部門は「ホンダe」、パフォーマンス部門は「BMWアルピナB3」が選出。これらの強豪を抑え、見事ホンダeがイヤーカーに選出された。

このたびの受賞を受けて、同社の奥田克久社長は次のようにコメントしている。
「ホンダeがドイツ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した最初の日本車になったことは大きな名誉であり、とても誇りに思います。ホンダeが最初に発表されて以来、お客様とメディアの反応は圧倒的にポジティブでした。ホンダeは、オーナーと日常生活をつなぐ最先端のテクノロジーと高度なインテリジェント接続を備えた、ユニークなデザインの製品の完璧な例です。この賞にとても感謝しています」

ホンダeはこれ以外でも、優れたデザインに与えられる世界的に最も権威のあるドイツの「レッド・ドット・アワード2020」(ベスト・オブ・ベストとベストスマートプロダクトの2冠)の受賞に加え、多くのアワードでノミネートされ、欧州で高い評価を受けている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!