機械技術の進歩と発展に貢献! マツダの新世代リヤサスペンションが「機械振興協会会長賞」を受賞

H.Tanaka
AUTHOR
2021/01/07 10:00

マツダの新世代モデルとなる「MX-30」と「CX-30」、「マツダ3」に搭載!

マツダとワイテックは、「新構造トーションビームアクスル」とその高効率生産技術の開発において、第55回機械振興賞の「機械振興協会会長賞」を共同で受賞した。同賞は、機械工業にかかわる優秀な研究開発およびその成果の実用化によって、機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる業績に対して贈られるもの。表彰式は2021年2月22日(月)に行なわれる予定となっている。

「新構造トーションビームアクスル」では、自動車のリヤサスペンションでシンプルな構造と軽量・コンパクトさが特長のトーションビームアクスル形式をベースに、快適な車内空間と人の操作に対するクルマの挙動と人の感覚を一致させることで、自分の手足のように扱える運転感覚を提供できるリヤサスペンションを目指した。

従来の製法では、乗り心地に大きく影響するセンタービームを既製品の鋼管からプレス加工していたため、設計の自由度が低いという難点があった。一方、今回の新技術では鋼板の板材からプレス成形することにより、トーションビーム中心付近の直径を細く加工してねじり剛性を低くし、車輪に近い両端部は大口径で剛性を高めた鋼管として製作することが可能。これにより、しなやかな乗り心地と操縦安定性を高い次元で両立することが可能となった。さらに、これらの鋼管の製作過程を汎用設備にて自動化することでコストの低減も実現した点が評価されている。

受賞対象:「新構造トーションビームアクスルとその高効率生産技術の開発」

開発担当者
川口 秀明:マツダ株式会社
髙橋 浩之:マツダ株式会社
桑子 俊:マツダ株式会社
中土 信之:マツダ株式会社
江村 弘章:株式会社ワイテック
宇都宮 翔:株式会社ワイテック
國安 崇雅:株式会社ワイテック

同技術は、クルマとの心地よい一体感を実現する車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」に採用されており、新世代商品群の「マツダ3」と「CX-30」、「MX-30」に搭載されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!