【比較試乗】「フォルクスワーゲン TロックTDI Style Design Package vs TDI Sport vs TDI R-Line」アナタならどのT-ROCを選ぶ?

AUTHOR
2020/12/25 14:00

フォルクスワーゲンのSUV兄弟に新たな仲間が加わった。位置づけは、ティグアンとT-クロスの中間を担い、まったくのブランニューモデルとなるTロック。今回は、同モデルのTDIスタイル・デザインパッケージ、TDIスポーツ、TDI R-ラインの魅力と違いを解説しよう。

アクティブなイメージはインテリアにも

フォルクスワーゲンが大きく変わろうとしている。そのことは、ここで紹介するTロックや、それよりひと足先にデビューしたTクロスを見れば一目瞭然。どちらも溌剌としていて、ダイナミックな走りを予感させるクロスオーバーに仕上げられており、どちらかといえば落ち着いた雰囲気だった従来のフォルクスワーゲンとは一線を画している。

エンジンは150ps/340Nmを発揮する2L直列4気筒ディーゼルターボの「2.0 TDI」で、7速DCT(DSG)を介して前輪を駆動する。

そんなアクティブなイメージはインテリアにも貫かれていて、これまでよりスポーティかつカジュアル。一部グレードにはボディカラー同色のフェイシアも用意されているが、これもなかなかポップだ。おまけにデジタル化も一気に進んでいて、デジタル式メーターパネルや最新インフォテイメントを標準装備。さらにコネクティビティ機能やテレマティクス機能も充実しており、スマホ世代の期待にもしっかりと応えてくれる。

445Lというクラストップレベルの荷室容量を実現している。荷室は後席のシートバックを倒すと最大で1290Lを確保する。

だからといってフォルクスワーゲンらしい 「骨太なクルマづくり」まで改めたわけではない。
走り始めてすぐに感じるのはボディや足回りの剛性感。あいまいなところが一切なく、路面からのショックを瞬時におさめてしまう優れた減衰性などに、フォルクスワーゲンのマジメなクルマづくりの伝統を見て取ることができる。

T-ROC TDI Style Design Package/Tロックはコンパクトなボディながら広々とした居住空間を実現。スタイル・デザインパッケージでは、インテリアもボディカラーと同色系にカラーコーディネイトされる。

乗り心地は、速度を上げたときにドイツ車らしいビシッとしたフラット感が味わえるタイプだけれど、低速域のゴツゴツ感もうまく抑えられていて快適。反応が穏やかでスタビリティ重視のハンドリングにも、フォルクスワーゲンのDNAは受け継がれている。
ターボディーゼル一択となるエンジンは、ひと昔前のディーゼルとは比べものにならないほどレスポンスが良好。しかもディーゼル特有のキンキン音は皆無。経済性の高さを含めて、Tロックにぴったりのパワーユニットだ。

T-ROC TDI Style Design Package

今回は3グレードのTロックに試乗したので、その印象をまとめておこう。
スタイル・デザイン・パッケージは、その名のとおり圧倒的にオシャレなデザインが魅力的。ブルーとホワイトを組み合わせたツートンカラーは、毎日のちょっとしたドライブでさえバカンス気分を味わわせてくれそう。一部カラーに用意されるボディ同色のフェイシアも明るい気分を盛り上げてくれるはず。17インチのタイヤを履いていた試乗車は、タイヤ踏面の微妙な硬さが感じられるものの乗り心地はもっともソフトだった。

T-ROC TDI Sport/「スポーツ」と「R-ライン」は、サイドボルスター部にマイクロフリースを使用したスポーツシートが備わる。 Tロックは液晶メーターと純正ナビゲーションが全車に標準装備される。

一方、18インチのタイヤを履くスポーツは、その名のとおりスタイル・デザイン・パッケージより引き締まった乗り心地を味わえる。ただし、タイヤの銘柄が異なるせいか、こちらは踏面の硬さが気にならなかったほか、タイヤのダンピングも上々で、ハンドリングと乗り心地のバランスがもっとも優れていると感じた。

T-ROC TDI Sport

Tロックで唯一アダプティブダンパーを備えるR-ラインはスポーティなハンドリングが魅力的。それだけに乗り心地は硬めだが、スポーツドライビング派にはこのくらいのほうが歓迎されるだろう。スポーティなアクセントが加わった内外装の仕上げも、このグレードによく似合っている。

T-ROC TDI R-Line/「R-ライン」と呼ばれるスポーティラインには専用デザインの19インチアルミホイールを採用。また、数々のこだわり装備が、ダイナミックで力強いスタイルを作りだしている。

つまり、オシャレ派=スタイル・デザイン・パッケージ、ファミリー派=スポーツ、スポーツ派=R-ラインというのが、私のお勧め。さて、あなたならどのTロックを選ぶだろうか?

T-ROC TDI R-Line

【Specification】T-ROC TDI Style Design Package
■全長×全幅×全高=4240×1825×1590mm
■ホイールベース=2590mm
■車両重量=1430kg
■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1968cc
■最高出力=150ps(110kW)/3500-4000rpm
■最大トルク=3400Nm(34.7kg-m)/1750-3000rpm
■トランスミッション=7速DCT
■サスペンション(F:R)=ストラット:トレーリングアーム
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:ディスク
■タイヤサイズ(F:R)=215/55R17:215/55R17
■車両本体価格(税込)=4,049,000円

【Specification】T-ROC TDI Sport
■全長×全幅×全高=4240×1825×1590mm
■ホイールベース=2590mm
■車両重量=1430kg
■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1968cc
■最高出力=150ps(110kW)/3500-4000rpm
■最大トルク=3400Nm(34.7kg-m)/1750-3000rpm
■トランスミッション=7速DCT
■サスペンション(F:R)=ストラット:トレーリングアーム
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:ディスク
■タイヤサイズ(F:R)=215/50R18:215/50R18
■車両本体価格(税込)=4,189,000円

【Specification】T-ROC TDI R-Line
■全長×全幅×全高=4250×1825×1590mm
■ホイールベース=2590mm
■車両重量=1430kg
■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1968cc
■最高出力=150ps(110kW)/3500-4000rpm
■最大トルク=3400Nm(34.7kg-m)/1750-3000rpm
■トランスミッション=7速DCT
■サスペンション(F:R)=ストラット:トレーリングアーム
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:ディスク
■タイヤサイズ(F:R)=225/40R19:225/40R19
■車両本体価格(税込)=4,529,000円

お問い合わせ
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン 0120-993-199
商品サイト
https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/t-roc.html

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2021年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!