「フォルクスワーゲン・ポロ」が常時接続の新世代インフォテインメントシステムを搭載

H.Tanaka
AUTHOR

アップデート版「フォルクスワーゲン・ポロ」では全モデルで装備内容も充実

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は12月17日、コンパクトハッチバックである「ポロ」の一部仕様変更を行なった。

2018年に導入された現行ポロは、「MQB」モジュールを採用。これまで上級モデルに採用されていた先進安全機能を装備して高い安全性を実現している。今回の仕様変更はフォルクスワーゲン車として日本で初採用となった、常時コネクテッドの新世代インフォテイメントシステムを「Tクロス」と「Tロック」に続いて搭載。さらなる利便性の強化が図られた。

そのほか、エントリーグレードの「TSIトレンドライン」にオートライトやレインセンサー、アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルターなどを標準設定。量販グレードの「TSIコンフォートライン」にはLEDヘッドライトやスマートエントリー&スタートシステムの「キーレス・アクセス」などを、上級グレードの「TSIハイライン」にもパドルシフトを標準設定するなど、従来以上に装備内容を充実させている。

おもな仕様変更は以下の通り。

純正インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover” を全グレードに標準採用
(純正インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”の機能)
・通信モジュール内蔵
・MP3/WMA再生
・AM/FM、ワイドFM対応
・Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン
・コネクティビティ機能“App-Connect”

純正インフォテイメントシステム“ディスカバー・メディア”をTSIトレンドラインを除く全グレードにオプション設定
・エンブレムの意匠変更(全グレード)
・TSIトレンドライン、TSIコンフォートライン, TSIハイラインに以下の装備を標準設定

「ポロTSIトレンドライン」
・オートライト/レインセンサー ・カミングホーム&リビングホーム
・自動防眩ルームミラー ・マルチファンクションステアリングホイール
・アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター
「ポロTSIコンフォートライン」
・LED ヘッドライト ・レザーマルチファンクションステアリングホイール
・スマートエントリー&スタートシステム“キーレス・アクセス”
「ポロTSI ハイライン」
・パドルシフト
「ポロTSI Rライン」
・”Sports Select”付きスポーツパフォーマンスキット仕様からノーマルサスペンション仕様に変更

各モデルの全国希望小売価格(消費税込み)
・ポロTSIトレンドライン:2,299,000円
・ポロTSIコンフォートライン:2,599,000円
・ポロTSIハイライン:2,849,000円
・ポロTSI Rライン:3,109,000円
・ポロGTI:3,699,000円

おもなオプションの全国希望小売価格(消費税込み)
・ディスカバーメディア・パッケージ(TSI トレンドラインを除く全グレード):143,000円
・セーフティパッケージ(TSIコンフォートライン):154,000円
・セーフティパッケージ(TSI ハイライン、TSI Rライン、GTI):132,000円
・テクノロジーパッケージ(TSIトレンドラインを除く全グレード):71,500円
・有償オプションカラー(エナジェティックオレンジメタリック):33,000円

TAG :

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!