アウディのRSモデルに「RS6アバント」と「RS7スポーツバック」が追加!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/11/30 18:00

「RS6アバント」と「RS7スポーツバック」には600㎰&800Nmを発揮する4L V8ツインターボが搭載!

アウディ・ジャパンは、究極のハイパフォーマンスシリーズであるRSモデルにステーションワゴンの「アウディRS6アバント」と4ドアクーペの「アウディRS7スポーツバック」を設定。2021年1月以降、全国の正規ディーラーを通じて販売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、RS6アバントが17,640,000円。RS7スポーツバックは17,990,000円となる。 

RSモデルは、アウディのハイパフォーマンスモデルを手掛けるアウディスポーツGmbHによって開発される、高性能かつエクスクルーシブなシリーズ。

そのエクステリアだが、両モデルともグロスブラックの3Dハニカム構造シングルフレームグリルを採用。4WDのクワトロであることを想起させるフェンダーも、大きく張り出している。これらを筆頭にフロントドア、ルーフ、テールゲートなどを除いて、ボディ外板の多くはRSモデル専用のデザインが与えられている。

インテリアは、いずれもバルコナレザーのSスポーツシートを採用。さらに、大型のアルミニウム製シフトパドルとマルチファンクションボタンが設置されたヒーター機能付き3スポークステアリングホイールなどにより、スポーティさとプレミアム性が高められた。

両モデル共通のパワーユニットは、最高出力441kW(600ps)、最大トルク800Nmを2050rpmから4500rpmまでの広い回転域で発生する4L V8ツインターボ。組み合わせるトランスミッションは8速ティプトロニックで、さらに48Vマイルドハイブリッドやシリンダーオンデマンド(cod) を採用して効率化も図られた。アウディ自慢の4WD、クワトロにはセルフロッキングディファレンシャルを搭載するほか、リヤスポーツディファレンシャルも標準で装備される。

サスペンションは、よりスポーティなチューニングを施したRSアダプティブエアサスペンションを標準採用。さらにコイルスプリングとダンピングコントロールサスペンションにダイナミックライドコントロール(DRC)を組み合わせたRSスポーツサスペンションプラスもオプションで選択可能だ。

独自の油圧システムを組み込んだDRCは、コーナリング時のロールや急加速、急減速時のピッチングを抑制。乗り心地を損なうことなく、ダイナミックなハンドリングを実現している。また、状況に応じて後輪を最大5度、前輪と逆位相に操舵することで低速走行時には取り回し性能を、高速走行時には同位相によってステアリングレスポンスを高める4輪操舵システムのオールホイールステアリングやRSモードを持つドライブセレクトも標準装備となる。

このほか、装備面では最新のデジタル技術やセーフティ技術も搭載。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテイメントシステム、Bang & Olufsen 3Dサウンドシステムを標準装備とし、アダプティブドライブアシストやアウディプレセンスシティ、アウディサイドアシストなど、数々の先進運転支援システムが装備されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!