スマホで駐車をお任せ! フォルクスワーゲンが「トゥアレグ」に最新のパークアシストを導入

AUTHOR

専用アプリをインストールしたスマートフォンの操作により、駐車時の入出庫が遠隔操作できる

11月12日、フォルクスワーゲンは現行「トゥアレグ」(日本未導入)にリモートコントロール機能付きの駐車支援システム「パークアシスト」を採用したと発表した。このシステムはスマートフォン用アプリ「VWリモート・パークアシスト・プラス」に対応しており、同アプリをインストールすればスマートフォンの操作だけで車両を遠隔操作することも可能だ。

他ブランド車を含め、駐車支援機能はすでに普及しつつあるのはご存知のとおり。ドライバーがステアリング操作をしなくても、任意の位置にクルマを駐めることができるというものだ。このたびトゥアレグに採用されたのは、アクセルやブレーキペダルの操作もクルマが担ってくれる。駐車時にドライバーがする操作は、車両が検出しインフォテイメントシステムのディスプレイに表示された駐車スペースから任意の位置を選択し、シフトセレクター付近にある「P AUTO」ボタンを押すだけだ。

このシステムを実現するために、新型トゥアレグには12個の超音波センサーと、360度ビューを可能にする4台のカメラが搭載されている。当然ながら障害物がある場合は検知し、衝突を避けられる。

さらにもうひとつモードが用意されており、こちらではドライバーが駐車する前にクルマから降り、スマートフォンの操作によって駐車が完了できる。

このモードは駐車する際だけでなく、ドアを開くスペースが乏しいといった狭い場所に駐まっているクルマを出庫する際にも便利だ。スマートフォンに「VWリモート・パークアシスト・プラス」のアプリをインストールしていれば、ドライバーはスマートフォンの操作だけでエンジンの始動や出庫が可能。スマートフォンの画面には、「右前方」や「左前方」など、どの方向に出庫させるかの選択ができるようになっているため、任意の方向にクルマを遠隔操作することができる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!