【嶋田智之の月刊イタフラ】プジョーSUV2008、いよいよ日本でも発売スタート!

嶋田智之
AUTHOR
2020/11/08 09:00

SUV2008シリーズに期待大

プジョーのスモールSUV、2008シリーズが新しくなって日本でもいよいよ発売開始です。

まずはスタイリングを見てちょうだいまし。カッコよくないですか? 特にショルダーラインの絶妙な流れ方。おかげで有機的な躍動感が現れて、イッパツで好きになっちゃいました。かわいらしくも精悍な牙付き顔を含め、僕的にはバッチリ。まさに子ライオン。

そして数字のお話です。全長4305×全幅1770×全高1550mm。従来モデルよりも長さと幅は微増、高さは微減。機械式立体駐車場にも入るサイズです。ホイールベースは70mm伸びた2610mmで、最低地上高は55mm高い205mm。居住スペースが広がって、SUVとしての機動力が高まったと考えていいでしょうね。

荷室も5名乗車時で434L、後席をたためば1467Lと従来より大幅に拡大。使い勝手もさらによくなってるのでしょう。ちなみに正式名称はSUV2008とSUVe2008。そうです。“e”がついてることからもわかるように、EVもラインナップされているのです。

SUV2008のガソリンエンジンは、例によってピュアテックの1.2Lターボ。130psに230Nmの、めちゃめちゃ好印象なエンジンです。もちろん8速ATとの組み合わせというゴールデンコンビ。これは大歓迎。そしてSUVe2008は、電気モーターが136psに260Nmで、バッテリーは50kWh。JC08モードで航続距離は385km。日常使いには全く問題ないし、急速充電約50分で80%充電なので、軽い工夫でちょっとしたロングな旅もできちゃうレベル。
価格はガソリンが299~338万円、EVが429~468万円。毎度のことですが、どっちも早く試乗してみたいです。なぜか、これで旅に出てみたい気分……。

ルボラン2020年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!