コンパクトSUVらしからぬレベルの高い走りっぷりを披露!「新型メルセデス・ベンツGLA」【試乗記】

AUTHOR
2020/10/17 13:00

ひと昔前ならば、世界のVIPに愛用されるセダンのイメージが支配的だったメルセデス・ベンツも、近年ではコンパクトなハッチバックや、クーペ、スポーツカーなど、ほとんどのカテゴリーのモデルを取り揃え、ブランドの認知度を一層高めようと若い層へも積極的にアピールしている。
そして最近、特に力が入っているのがSUVモデルの拡充だ。メルセデスは独自の4輪駆動技術“4MATIC”を武器に、高い悪路走破性を有したクロスカントリービークルの王者とも呼べるGクラスをはじめ、高級ブランドらしい快適性を兼ね備えたGLSやGLE、GLCといった様々なSUVを世に送り出してきた。その中のコンパクトクラスの筆頭が、ここに紹介するGLAである。

ボディサイズは全長4415×全幅1835×全高1620mmで、ホイールベースは2730mm。従来型と比べて15mm短く、30mm幅広く、115mm高くなり、ホイールベースは30mm拡大されている。

メルセデス・ベンツに詳しいかたならご存じのように、GLAは2014年に初代が登場、先頃フルモデルチェンジを受けて2代目に生まれかわった。同社製コンパクトFWD車のAクラスと共通の車体をベースに、SUVらしい力強さがみなぎる外観デザインや、4MATIC機構を備えて走破性を高めた、ハッチバックとSUVのクロスオーバーモデルだ。

今回は新型GLAから最上級のGLSまでの、メルセデスのSUVモデルを主体とした試乗会が開かれた。会場にはGクラスを除くSUVラインナップが整然と並べられていたが、立派な体躯の兄貴分たちと見比べても新型GLAはまったく見劣りしていなかった。先代よりもSUVクーペ的なデザイン要素が強まったのが、その存在感の高さの理由だろうか。

全体的にはクーペのようなスタイリッシュなフォルムが新型のルックスを特徴付けている。なお、最低地上高は新型GLBと同様に約200mm確保されている。

基本サイズは全長4415×全幅1835×全高1620mm、ホイールベースは2730mm。先代からは全長が15mm短縮された一方で、ホイールベースは30mm伸びた。つまり、前後オーバーハングを切り詰めて室内スペースの拡大が図られたというわけだ。後席には140mmの前後スライドが、同バックレストには7段階のリクライン機構が備わるなど、居住性の向上とユーティリティへの配慮が見てとれる。横方向にも余裕があったから、大人4名(定員は5名)ならば窮屈な思いをせずに快適に過ごせるだろう。

インテリアではワイドスクリーンディスプレイを用いたインストルメントパネルなど、最新のメルセデス・ベンツのデザインによって、よりモダンで洗練された雰囲気だ。

運転席と助手席の着座位置は従来型より97mm高くなり、Aクラスとの比較でも140mm、Bクラスに対しては52mm高くなっている。これにより視認性が向上し、さらに運転しやすくなるとともに、乗降性も大幅に向上している。

後席のレッグスペースは、標準状態で従来型より116mm広くなり、前後方向のゆとりが大幅に向上。さらに、140mm調整が可能な60:40分割の前後スライド機構が備わり、使い勝手が向上している。なお、バックレストの角度は7段階の調整が可能だ。

肝心の走りっぷりはといえば、これがまたコンパクトモデルらしからぬレベルの高さを披露してくれた。新型GLAのラインナップは現状、2L直4ターボディーゼルを搭載し4WD機構を組み合わせた「200d 4MATIC」の1種類のみ。このターボディーゼルが発生するパワーとトルクは150ps/3400~4400rpmと320Nm/1400~3200rpmで、必要にして充分以上の力強さを発揮し、上り勾配のきついワインディングロードでもグイグイと引っ張っていってくれる。

「GLA 200 d 4MATIC」に搭載するパワートレインは、150ps/320Nmを発揮する2L直列4気筒ディーゼルターボと8速DCT(8G-DCT)の組み合わせで、4WDシステム「4MATIC」が搭載される。WLTCモード燃費は16.5km/Lだ。

それは先代から受け継がれる美点であり想定内の印象ではあったが、感心したのは乗り心地が先代にも増して重厚に仕上がっていたこと。試乗車にはオプションのAMGラインが組み込まれており、これに伴ってホイールとタイヤは低偏平の19インチ(標準は18インチ)に換装されていたからだろう、荒れた路面で時折バタバタとした感触は伝えてきたものの、しっかりとストロークが確保された足回りは路面への追従性が高く、安定感あるフットワークを見せた。200mmの最低地上高が確保され重心も上がったはずだが、一方ではロール剛性も高められているからだろう、ボディ上屋が無駄に揺れることもなく、箱根の九十九折のようなシチュエーションでも運転していて不安感はまったくなかった。

対話型インフォテイメントシステム「MBUX」、Sクラスと同等のシステムを採用した先進運転支援システム、そしてテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を採用。コンソール部にはモバイルチャージャーも備わる。

そんな高いレベルの走行性能を有しつつ、MBUXをはじめとする最新のインフォテイメントや安全装備を充実させたとなると、新型GLAはかなりコストパフォーマンスの高いモデルということがわかる。さらにはよりベーシック(つまりリーズナブル)なGLA180グレードの導入も検討されているというから、ますます目が離せないモデルとなっている。

後席バックレストは40:20:40の分割可倒機構により、荷室スペースのアレンジは多彩だ。荷室容量は後席使用時で425L、後席のアレンジによる最大時は1420Lに広げられる。リヤゲートには「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」が標準装備されているので、アクセス性もいい。

試乗車にはオプションとなる235/50R19サイズのブリヂストン・トランザT005が装着されていた。

前後ライトは最新メルセデスのデザインが取り入れられた。インテリアのカーボン調トリムはスポーティな雰囲気を醸し出している。

【Specification】メルセデス・ベンツ GLA 200d 4マチック
■車両本体価格(税込)=5,020,000円
■全長×全幅×全高=4415×1835×1620mm
■ホイールベース=2730mm
■トレッド=前1590、後1595mm
■車両重量=1710kg
■エンジン型式/種類=654/直4DOHC16V+ターボ
■内径×行径=82.0×92.3mm
■総排気量=1949cc
■圧縮比=15.5
■最高出力=150ps(110kW)/3400-4400rpm
■最大トルク=320Nm(32.6kg-m)/1400-3200rpm
■燃料タンク容量=51L(軽油)
■燃費=(WLTC)16.5km/L
■トランスミッショッン形式=8速DCT
■サスペンション形式=前マクファーソンストラット/コイル、後マルチリンク/コイル
■ブレーキ=前Vディスク、後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前後235/55R18

公式サイト
メルセデス・ベンツ日本 https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore/concept-h247.module.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!