インテリアが一新! 「ジャガーXF」がアップグレード

AUTHOR
2020/10/14 08:00

2Lディーゼルを組み合わせるマイルドハイブリッド仕様を新設定

10月6日、ジャガー・ランドローバーはミドルクラスの「ジャガーXFサルーン&スポーツブレーク」の改良モデルを発表した。

新型では内外装のデザインを刷新。エクステリアはボディのワイド感をさらに強調するべく大型化され、より低く配置されたエアインテークを備えたフロントバンパーを採用。フロントグリルも拡大され、新たにメッシュデザインとなった。

LEDヘッドライトのデザインも刷新。「ダブルJ」デザインのデイタイムランニングライトを備えたヘッドライトは、さまざまな配光パターンを持つインテリジェントなピクセルLEDテクノロジーがオプションで設定されている。

リヤビューも、ボディのワイド感をさらに強調するバンパーを採用。ダーク系のリヤライトサラウンドがサルーンボディにも装着されるようになった点も新しい。

スポーティな「Rダイナミック」仕様は、従来と同様にパフォーマンスコンシャスなディテールを採用。なお、すべてのグレードでブラックエクステリアパックを選択することが可能となっている。

インテリアデザインは全面的に見直されたといっていい。高級感や洗練性、そしてコネクティビティを高めた新しいインパネは大胆でダイナミックになり、これまで以上にドライバーオリエンテッドな仕立てだ。

高度なコネクテッド技術を採用した最新の「Pivi Pro」インフォテインメントシステムを組み合わせる11.4インチのタッチスクリーンや、新形状のシフトセレクターなどを採用したセンターパネルのデザインも新型を特徴づけている。

パワートレインの面では、204ps/430Nmの2L直列4気筒ディーゼルエンジンを組み合わせるマイルドハイブリッド仕様を新たに設定したほか、250ps/365Nmあるいは300ps/400Nmの2L直列4気筒ガソリンターボを設定。トランスミッションはいずれも8速ATで、いずれの機種にもAWD車を用意。ディーゼルのマイルドハイブリッド仕様と250psガソリンターボ車は後輪駆動車も選べる。ちなみに300ps仕様のXFサルーンAWDは、0-100km/h加速を6.1秒でこなす実力が与えられている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!