セダン&ステーションワゴンに続き「メルセデス・ベンツEクラス・クーペ/カブリオレ」も全方位的に進化!

AUTHOR

対話型インフォテイメントシステム「MBUX」にAR(拡張現実)ナビゲーションを採用

10月5日、メルセデス・ベンツ日本はマイナーチェンジを受けた新型「メルセデス・ベンツEクラス・クーペ/カブリオレ」の日本導入を発表。同日より予約注文受け付けを開始した。顧客への納車は10月からの予定だ。

●新型「メルセデス・ベンツEクラス・クーペ」ラインアップ
・E200クーペ スポーツ:8,320,000円
・E300クーペ スポーツ:9,190,000円
・E450 4MATICクーペ スポーツ:11,670,000円
・メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ:13,050,000円

●新型「メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレ」ラインアップ
・E200カブリオレ スポーツ:8,710,000円
・E300カブリオレ スポーツ:9,560,000円
・E450 4MATICカブリオレ スポーツ:12,260,000円
・メルセデスAMG E53 4MATIC+カブリオレ:13,640,000円
※価格は消費税込み

Eクラス・クーペは、メルセデスクーペの伝統的プロポーションである流れるように美しいルーフライン、そのラインが流れ着く大胆で力強いリヤエンドを踏襲。フロントセクションから低く立ち上がるAピラー、高い位置を走るベルトラインとサッシュレスドアにより、メルセデスクーペ伝統のプロポーションを形成している。控えめでシンプルなラインと官能的な面、そして陰影の効果が相まって美しくエレガントなエクステリアを表現するとともに、スポーティかつ力強さも強調される。

一方、Eクラス・カブリオレは、Eクラス・クーペのボディデザインをベースにしており、ソフトトップを閉じている時はメルセデスの伝統的な流れるように美しいクーペのようなスタイリングを、ソフトトップを開けた時にはカブリオレならではの伸びやかなプロポーションが特徴だ。また、11色のエクステリアカラーとブラック、ブラウン、ダークブルー、ダークレッドの4色のソフトトップカラー、そして6種類のインテリアの組み合わせによる、自分だけのファッション性の高い1台に仕上げることも醍醐味のひとつとなっている。

●E200クーペ スポーツ/E200カブリオレ スポーツ

新型ではフロントエンドのヘッドライトに、最新のメルセデス・ベンツのスポーティモデル群に共通する、上下方向に薄く、わずかに切れ上がるデザインを採用。フロントグリルは下部が広がる台形となるとともに、クローム仕上げのダイヤモンドグリルを装着する。バンパー下部の左右に2本のフィンが配置されるなど、シャープでダイナミックな印象が強まった。

 

インテリアでは、新しく採用された新世代ステアリングホイールが目を引く。3本のツインスポークを採用し、近未来的なスポーティさを演出している。また、ナビゲーションやインスツルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定を、すべて手元で完結できる機能性も特筆すべきポイントだ。

従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していたディスタンスアシスト・ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能のために、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを採用。これにより、ステアリングホイールにかかるトルクがなくとも、ドライバーがステアリングホイールを握っていることが認識され、ディスタンスアシスト・ディストロニックの使い勝手が向上している。

インフォテインメントシステムは、12.3インチの大型ワイドスクリーン2画面を標準装備。また、2018年から順次各モデルに搭載を進め、熟成を進めてきた、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」の採用も見逃せない。その最大の特長のひとつが人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えている。ボイスコントロールは「ハイ、メルセデス」が起動キーワードだ。音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、 メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加えて、クライメートコントロールや、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応している。また、音声認識だけではなく、タッチスクリーンやステアリングホイールにあるタッチコントロールボタン、センターコンソールにあるタッチパッドでもさまざまな操作が可能だ。

さらに新型では、AR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを採用。 従来、目的地を設定して行先案内をする場合、地図上に進むべき道路がハイライトされるが、それに加えて、フロントウインドー上部に設置されたカメラが捉えた車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、その進むべき道路に矢印が表示される。これにより、どの道路に進むべきかをより直感的に判断することができるようになる。

●E300クーペ スポーツ/E300カブリオレ スポーツ

モデルバリエーションは、184ps/280Nmを発する1.5L直列4気筒ターボエンジンと48V電装システムを搭載する「E200スポーツ」をはじめ、258ps/370Nmを発する2L直列4気筒ターボ仕様の「E300スポーツ」、367ps/500Nmを発揮する3L直列6気筒ターボと48V電装システムを搭載する4輪駆動仕様「E450 4MATIC」、そして435ps/520Nmを引き出す3L直列6気筒ターボと48V電装システムを搭載するトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E53 4MATIC+」の4グレードが、クーペとカブリオレそれぞれに設定された。

●E450 4MATICクーペ スポーツ/E450 4MATICカブリオレ スポーツ

このほか、先進運転支援システムやテレマティクスサービス「Mercedes me connect」といった安心・安全・便利な機能は、ひと足先に日本に導入されている新型Eクラス・セダン&ステーションワゴンと同様に、積極的に採用されている。

●メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ/メルセデスAMG E53 4MATIC+カブリオレ

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧