【BMWカスタマイズ最前線 2020】「コードテック CAM」 3シリーズを自分に最適な仕様にトータルでコーディネート!

太田 輝
AUTHOR
2020/10/06 13:00

申し分ないエンジン性能と運動性能。3シリーズの素性のよさに間違いはない。けれどもっと自分好みに使いたい、そんな願望をかなえる商品をご紹介しよう。

オーダーメイド・スーツのように隙なく好みの3シリーズを仕立てる

家族の一員として3シリーズを迎えたなら、その濃厚で濃密なテイストにご満足のことと思う。でも、さらなる幸せが創り出せるのだから、もっと自分の感性に寄り添うクルマへと進化させてはどうだろう?

高耐久アクリル性の「Underbody Splitter for BMW 3 Series M Sport (G20/G21)」。厚み5mmモデルの素地ブラック磨きが60,260円、グロスブラックが76,780円、カーボンファイバーが152,306円。8mmモデルはそれぞれ64,680円、81,180円、156,706円。

例えば、所有する歓びをいっそう盛り上げてくれるルックス。上のデモカーに装着済みのMスポーツ用の「アンダーボディ・スプリッター」と、Mモデルのようにミラー上部にフィンが付いた「Mデザイン・ドア・ミラー・カバー」は、声高に存在を主張することなく外観のイメージを引きしめ精悍な出で立ちへと変貌させる。

純正交換タイプの「core OBJ select M Design Door Mirror Cover for BMW」はミラー上部にフィンが設けられたドアミラーハウジング。ミラーガラスや格納、ミラー調整は既存の機構を使用するので視認性や動作は問題なし。ピアノブラック仕上げで22,000円。

また「クリスタル・エンジン・スタート/ストップ・ボタン」は、クリスタルの艶やかなフィニッシュの美しさに加えて、点灯時には華やかな照明が透過するので、上質なインテリアのアクセントとなる。

BMWの上位シリーズに採用されているクリスタル仕様のスタートボタンを3シリーズの車内にも。上質感が高まる。「Crystal Engine start/stop button for BMW」はスタート/ストップ・ボタン周囲のクリスタル部が煌びやかに輝き消灯時も高級な存在感を放つ。3,300円。

そして、BMWの利便性を高めるアイテムとして紹介したいのが「PLUG CONCEPT!」シリーズだ。車両診断ポートに差し込むだけで、誰でも手軽に安全にさまざまな機能が追加できる。しかも、再度ポートに差し込めばプログラムのアンインストールができ、内蔵するリカバリー・モードで完全にインストール前の状態に戻すことも可能という安全/安心設計なのである。では具体的になにができるのか?

PLUG CONCEPT! シリーズ/車両のOBD2診断ポートに本体を挿入しLEDの点滅点灯に従うだけで誰にでもカンタンにインストールすることができる。インストール後、再度本体を差し込めば機能のアンインストールができ、リカバリーモードにより使用前の状態に完全に戻すことも可能。

「PLUG TV+」では、走行中でも同乗者がTVや各種メディアのムービーを視聴可能となる。さらに、走行中はキャンセルされるNAVI操作も受け付けるので、同乗者に目的地を設定してもらうというような便利な使い方ができるようになる。

PLUG TV + for BMW iDrive7/プログラムをインストールすると、走行中であっても同乗者がTVやUSB内の動画、スクリーン・ミラーリングといった各種メディアの視聴などを楽しむことができるようになる。また、追加機能としてリーガルディスクレーマー(iDrive起動時に表示される警告)が非表示となる。

TVやメディアなどの視聴に加えて、同乗者による走行中のNAVI操作も可能となる。目的地を設定するには一回の信号待ちでは間に合わなかったりするので役立つ。33,000円。

「PLUG DSP!」は、3シリーズのライブコックピットにアルピナやMモデルのメーターが表示でき、走行モードを切りかえるとメーターのデザインも変化する。

PLUG DSP! for BMW/速度メーター表示、フォント、ロゴ、デザインなどが変更でき、アルピナ・メーターデザインでは340km/hスケールの速度計となりスポーツ・ムードが飛躍的に向上する。スポーツ、コンフォート、エコ・プロで異なるデザインに変化する点も魅力的。16,500円。

Mメーターデザインでは速度計は330km/hスケール。“M”のロゴが表示されスポーツ/コンフォート/エコ・プロの選択で表示が一部変化する。ディーゼル車では燃料計横の“DIESEL”の表示はなくなる。

G30などのマルチ・ディスプレイ・メーター装着車では、330km/hスケールの速度計、アルピナカラーのブルーメーターデザインやフォントが変更される。

続いて「PLUG DRC+」は、標準装備されるデイライトにON/OFFコマンドを追加、ライトのOFFスイッチでオートライト機能もキャンセルさせる。

デイライトが標準装着されている車両では、任意でデイライトを消灯できない。PLUG DRC+をインストールするとiDriveに項目が追加されて任意でデイライトのON/OFFを行うことが可能となる。停車時に周囲の車両への迷惑防止などのためにデイライトOFFをしたい場合などに有効。24,200円。

最後に「PLUG ISC!」では、アイドリング・ストップ・キャンセラーを、エンジンを切る直前の状態でメモリーし、始動後もその設定をキープする。こうした、多種多様な機能をアド・オンできるのが「PLUG CONCEPT!」シリーズだ。スタイリングのアップデートと洗練に加えて、操作系に募る不満を解消して利便性を高めることで、よりいっそう自分にフィットした3シリーズを満喫して欲しい。

BMWコンプリート VOL.75 2020 AUTUMNより転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧