【比較試乗】「ランドローバー・レンジローバー vs イヴォーク vs スポーツ vs ヴェラール」祝50周年記念! 最新レンジローバーの全世界

AUTHOR
2020/10/01 11:00

他に類を見ないルックスとランドローバーとしての走破能力により磨きをかけ、この上ない快適性と走行性能を実現したレンジローバーファミリー。その誕生から現在に至るレンジローバーの足跡を振り返るとともに各モデルのキャラクターをあらためて考察してみる。

4つのモデルで構成されるレンジローバーファミリー

第二次大戦後から間もない1948年に登場したランドローバーシリーズ1。以降、目的用途や仕向地環境などに応じて様々な様々な架装が施されて世界へと商圏を広げていたが、時代の移ろいと並行して多様化したアウトドアレジャーに対応する、民生用としての存在感が希薄という課題も顕在化してきた。それが1960年代の話だ。

1970年に登場したランドローバーの初代レンジローバーは、この課題を克服するまったく新しいコンセプトの4WDとして企画された。多くの荷物を積んで悪路を走破する性能と、パッセンジャーカーの代替として日常利用でもストレスのない使い勝手や操縦性を両立するという点では、ジープのワゴニアと趣旨を同じくしている。が、アメリカとイギリスのレジャーニーズや自動車文化の違いはディテールによく現れていて、レンジローバーはミニマルなデザインと上質なマテリアル、そして道を問わない快適性という新しい価値が高く評価された。

RANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC(左)とRANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY PHEV(右)

無二の価値をもつレンジローバーは、相応の価格をものともしないカスタマーたちに支えられ、その嗜好や要望を汲みながら、より豪華に快適にという進化の途を歩んだ。
が、一方で守り続けたのが核心である悪路対応力だ。時代ごとの最新のデバイスも吟味しながら、常にオフロードでの走破性をアップデートするだけでなく、運転席からの視界の良さや取り回しやすさなどにも拘り続けてきた。

RANGE ROVER VELAR SV AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC EDITION

RANGE ROVER VELAR SV AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC EDITION

2000年代以降は世のSUVブームにも押されるかたちで、モデルをじわじわと増やしてきたレンジローバー、現在、その冠を戴くのは4つになる。

フォト=小林邦寿/K.Kobayashi ルボラン2020年10月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!