【比較試乗】「メルセデス・ベンツ GLA vs GLB」太鼓判の一台はGLA? GLB? いや、両方です! コンパクトSUVの大本命、確定

MERCEDES-BENZ GLA & GLB
AUTHOR
2020/09/17 12:00

走りの質感、取り回し性、ユーティリティ、そしてプライス……あらゆるクルマの評価軸で高得点を付けられる、これがGLAとGLBを試乗した第一印象だ。トリッキーな手法は使わず、真摯にユーザーへと寄り添う、プレミアムブランドらしいメルセデス・ベンツの誠実さが随所に現れた、コンパクトSUVの登場だ。

両車ともに問い合わせや注文が殺到している模様

メルセデス・ベンツも時流にのってSUVのラインナップが充実してきているが、目下の話題は同時に日本上陸したGLAとGLBのコンパクト系。日本の都市部で使いやすそうなサイズに手の届きやすい車両価格、それでいてルックス的には紛うことなきメルセデスの高級感が漂うから、さっそく引く手あまたになっているのもうなずける。

MERCEDES-BENZ GLA & GLB

MERCEDES-BENZ GLA(左) & GLB(右)/GLAが搭載する2L直4ディーゼルターボの質感は高く、軽快な走りを提供。ベースとなるAクラスと比較しても静粛性や乗り心地も上々で1クラス上と思えるほどの出来栄え。

GLAは2代目で先代モデルよりも全長は15mm短くなったがホイールベースは30mm延長。全幅は30mm拡がり、全高は115mmも高くなった。あいかわらずクーペルックでスタイリッシュだが、SUVらしい逞しさが増し、取り回し性がさらに良くなりながらも最小回転半径は5.7mから5.3mに、室内は広々として、いいことずくめだ。

MERCEDES-BENZ GLA & GLB

MERCEDES-BENZ GLA(右) & GLB(左)/カタログにはWLTC燃費12.0km/Lとの記載だが、市街地や高速道路を1日走り回った平均燃費は9.8km/Lだった。梅雨明けの炎天下であったことを考慮すると妥当な線。

一方、新規車種となるGLBは、GLAと同じくエンジン横置きFFアーキテクチャーのMFA2プラットフォームを採用し、長いホイールベースで3列シート7人乗りを実現。ボクシーなスタイルでオフロードにも強そうなSUVらしいスタイルとなっている。全高が1700mmと高いこともあって、GLCと同等と思えるほどの車格感があるが、全幅はGLAと同寸の1835mm(GLA200dとGLB200d)なので都市部では扱いやすいだろう。
現在のところ日本仕様のラインナップはGLAが200d 4マチックのみ、GLBが200dと250 4マチック・スポーツの2種類。GLAはよりリーズナブルなFF、GLBはディーゼルの4マチックが揃うことに期待したいところだが、今回はGLA200d 4マチックとGLB250 4マチック・スポーツを同じ条件で乗り比べてキャラクターの違いを見ることにした。

MERCEDES-BENZ GLA & GLB

MERCEDES-BENZ GLA(右) & GLB(左)/GLBはGLAよりも235mm長い全長を生かして7名乗車を実現。GLAはクーペライクで都会的なルックスながら、ディーゼルエンジンと4輪駆動を組み合わせることでアクティブユースへの対応もみせる。

フォト=安井宏充/H.Yasui(Weekend.) 撮影協力=横浜国際プール ルボラン2020年10月号より転載
MERCEDES-BENZ GLA & GLB

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!