【カーエレクトロニクススペシャル】「ケンウッド彩速ナビ」に新スタイルが登場!

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF
AUTHOR

モデルチェンジで各部がブラッシュアップされた、ケンウッド彩速ナビのフラッグシップ“Type M”。注目は同社初のフローティングディスプレイだ!

スタイリッシュボディに最新AVナビ機能を満載

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF
オープン価格(実勢価格:148,500円前後/ 編集部調べ)

ケンウッドのAV一体型ナビ「彩速ナビ・タイプM」は、最新の2020年モデルを4機種ラインナップするが、その中でも注目は、モニターが浮かんで見えるフローティングスタイルを採用した「MDV–M907HDF」だ。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/デモカーとなったトヨタ・ヴォクシーの標準オーディオスペースに9型大画面ナビが違和感なく納まる。

ケンウッドらしいスタイリッシュで高級感にあふれるデザインの同モデルは、2DIN(カーAVユニットの規格)サイズの本体に9型ディスプレイユニットを組み合わせることで約230車種への装着を実現。これまで大画面ナビの装着をあきらめていた車種にも対応(車種別適合情報は同社ウェブサイトに掲載)している。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/USB端子を使ってUSBメモリーやiPhoneなどが接続できるので、好きな音楽データが手軽に持ち込める。

ディスプレイユニット部分は前後に角度調整(マイナス10〜プラス60度)が可能なので、モニターが光を反射しない角度を選んだり、前方に倒してDVD/CDスロットやSDスロットにアクセスできるようになっている。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/ディスプレイパネルを前方に倒せば、本体に装備したDVD/CDスロット、SDスロットにアクセスできる。

静電式タッチディスプレイのフロントパネルは、スマホ同様にフリックやドラッグ、ピンチイン/アウト操作が使えるほか、歴代の彩速ナビでおなじみの「ジェットレスポンスエンジンIII」や「S3フォーマット」といった独自技術が投入され、業界トップレベルの快速レスポンスを実現している。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/同社独自の「ジェットレスポンスエンジンIII」や「S3フォーマット」などで業界トップレベルのハイレスポンス化を実現。

大型かつ高精細な9インチHDディスプレイは視認性も抜群な上に、独自の「オーガニックGUI」では地図画面上にインフォ画面やAV画面を重ねて表示し、多くの情報が素早く確認できるのだ。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/ルートガイドの「ここです案内」は、交差点までの距離をカウントダウンするのでわかりやすい。

このほか充実のナビ機能やハイクオリティなAV機能を数多く搭載。オプションとして車両前後の状況を高画質で同時に記録できる、高画質な2カメラ型ドライブレコーダーも用意している。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/「マイルートアジャスター」は「渋滞回避」「道幅優先」など好みのルート探索が簡単に設定できる。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/高感度な地デジ受信やハイレゾ音源対応のUSB/SDなどクオリティにこだわったAVソース。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF/圧縮音源を高音質化するK2テクノロジーをはじめ、豊富なサウンドコントロールを搭載。

フォト=澤田和久/K.Sawada ルボラン2020年10月号より転載
KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!