安全&安心装備の強化に加え内外装も刷新! 「ダイハツ・トール」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2020/09/16 17:00

「スマートアシスト」が進化!全車速追従機能付きACCも搭載

ダイハツは、小型乗用車「トール」をマイナーチェンジ。9月15日から全国一斉に発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、トールの標準車が1,556,500円~1,919,500円。独自の装いとなる「トールカスタム」が1,914,000円~2,090,000円となる。

トールは、ダイハツが軽自動車で培ったノウハウを活かし「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」として2016年11月に発売。以降、ダイハツの小型車販売の中核を担う主力車種へと成長。コンパクトなボディサイズながら、広々とした室内空間、家族のさまざまな使用シーンにちょうどよいシートアレンジや、使い勝手の良さで好評を得ている。

今回のマイナーチェンジでは、取り回しの良いコンパクトなボディサイズで5人乗ってもゆとりのある室内空間を実現した好評なパッケージングはそのままに、3つの進化を実現した。

まず、「タフト」から採用した新型ステレオカメラを搭載、予防安全機能の「スマートアシスト」が進化。また「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」を搭載するなどの運転支援機能が追加されている。

また、装備面ではダイハツの小型車として初めて「電動パーキングブレーキ」を採用。さらに「ディスプレイオーディオ」が新設定されたほか、シートは形状を変更して座り心地とホールド性が向上。助手席アッパートレイも、ティッシュBOXが収納できるサイズに拡大された。

内外装もフロントバンパーやグリルの意匠を変更、インテリアのカラー変更などによって「先進・洗練・進化」をテーマに時代進化を感じられるアップデートが行なわれている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!